フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 奥只見周遊 | トップページ | 大台ケ原周辺 »

2013年7月30日 (火)

白馬・北信周遊

この週末は、真夏なのでなるべく涼しそうなところを走ろうと
少しでも標高の高そうな長野県北部でサイクリングしました。
JR長野駅東口近くのコインパーキングにクルマを止めて起点とします。
早朝4時、まだ暗い中を走り出しました。
国道19を西へ走っていくと犀川沿いの道となります。
薄明るくなってきますが天気は曇り。でも予報ではだんだん晴れてくるようです。
笹平トンネル東の交差点から県道31に入ります。
大町街道と呼ばれている道路です。軽いアップダウンが連続します。
しばらく走ると白馬長野有料道路のトンネルからの道と合流します。
ちなみにこの有料道路は自転車も20円で通行できますがなんとなく避けました。
長野市から小川村に入り登り基調となります。
長野オリンピック時に長野~白馬間の主要道路として整備されたとのこと。
P1020305_convert_20130728222051
道の駅「ぽかぽかランド美麻」を過ぎて少し走ると三叉路の信号があります。
まっすぐ行くと白馬方面ですが僕は大町方面に左折します。
ここからは傾斜が強くなってきました。
しばらくはどんどん登っていきますが、登りきっても何もありません。
P1020307_convert_20130728223829
下ったあとの美麻の風景です。
この先の交差点で右折し県道393に入ります。
渓流沿いの道を下りきると国道148に出ます。
目の前には仁科三湖のひとつ木崎湖が広がります。
P1020310_convert_20130729204242
木崎湖を時計回りにぐるっと半周
P1020311_convert_20130729204505
湖畔にある仁科神社は森城跡に建てられたらしいです。
森城は、かの仁科盛信も入城した仁科氏の拠点のひとつとのこと。
木崎湖をあとにして国道148を北に走ります。
お次は中綱湖への標識が出たのでそちらに向かいます。
P1020312_convert_20130729210247
ちょうど踏切が鳴りだしので何が通るかと期待してたら
旧型特急車両の回送でちょっと残念。
P1020314_convert_20130729210525
中綱湖は仁科三湖の他のふたつに比べてコンパクトです。
すぐに通り抜けてお隣の青木湖に到着。湖の西側を走っていきます。
P1020316_convert_20130729211140
湖畔沿いにつけられた道を走りますが、あまり湖の景色が見えません。
青木湖を離れるとすぐに白馬村に入りました。
P1020319_convert_20130729211522
雲が多くて楽しみにしていた北アルプスの景色が見えません。
八方尾根の下部と栂池自然園のあたりがかろうじて見えてます。
八方旅館街に着いたときにはまだ少し雨が残ってました。
どうやら天気の回復はだいぶ遅れているようです。涼しくて良いですが。
とりあえず、ジャンプ台を見にいきます。
P1020328_convert_20130729212221
白馬ジャンプ競技場です。あんなところからよう飛びますわ。
オリンピック時の「ふなき~ふなき~」の映像が思い出されます。
P1020329_convert_20130729213014
すぐ横では熱気球が上がってました。観光用に係留されてます。
お次の目的地は黒菱林道です。
いったん旅館街まで戻ってから県道322経由で和田野の森へ向かいます。
展望がいまいち期待できませんが登ります。
和田野の森から黒菱平までは6.2kmくらい。高低差590mらしいです。
P1020332_convert_20130729214936
斜度はそこそこあります。終点の黒菱平までの距離が1kmごとにでます。
P1020333_convert_20130729215528
登ってきた道を振り返ります。
P1020338_convert_20130729215642
放牧された牛に見つめられながらの登坂です。
P1020347_convert_20130729215905
ぐねぐねぐねぐねと登ってきました。
林道終点は駐車場になっていて山登りの人のクルマでいっぱいです。
P1020344_convert_20130729220111
黒菱平にあった山岳スキー発祥地の碑です。
山スキーヤーの端くれとしては押さえとかんとあかん写真ですな。
P1020350_convert_20130729220436
これから向かう戸隠方面の景色です。
曇っていて景色もいまいちなのでさっさと下ります。
下りは快適ですが、道が狭くクルマはそこそこ通るので注意です。
和田野の森まで下り、八方ゴンドラ駅経由で旅館街まで戻りました。
そのままJR白馬駅前を通って国道406に入ります。

最初のうちはだらだらした登りです。
白馬みねかたスキー場を過ぎるあたりから斜度が強くなってきました。
どんどん高度を上げていき、白沢洞門というトンネルに到着。
反対側からだとトンネルを抜けたとたんに広がる北アルプスの景色が
感動的らしいですが、白馬側からはここで北アルプスとさよならです。
P1020359_convert_20130729221756
さよなら白馬!と振り返ればガスってて全然あきません。
トンネルを抜けると鬼無里まで一気に下っていきます。
鬼無里の湯や奥裾花自然園への分岐を通り過ぎて鬼無里の中心部へ。
P1020367_convert_20130729222236
おやきで有名な「いろは堂」で休憩します。
P1020366_convert_20130729222351
辛みなすと粒あんを注文するとおまけにきりぼし大根もつけてくれました。
お腹も減ってたし三つとも完食。もちもちしてめっちゃ美味しいです!
P1020369_convert_20130729223103
食後は近くにある松厳寺に立ち寄りました。
鬼無里は鬼女「紅葉」伝説の地です。
P1020371_convert_20130729223304
これは平維茂に討たれた紅葉のお墓らしいです。
P1020368_convert_20130729224128
鬼無里の中心街の風景
松厳寺をあとにし、鬼無里の交差点から県道36に入ります。
P1020373_convert_20130729223946
道は登り基調となり正面には戸隠山が見えてきます。
P1020374_convert_20130729224307
道ばたからは道祖神も見守ってくれています。
集落を離れるとどんどん斜度が強くなってきます。
登りきったところに北アルプス展望台の標識。
P1020375_convert_20130729224818
展望台まで行ってみるとそこが大望峠(1055m)でした。
そのまま県道を走ってたらあぶなく通り過ぎるところでした。
北アルプス方面は雲がかかってるので戸隠連山をバックに記念撮影。
峠からはしばらく下りが続きますが、上楠川を渡ると再び登りに転じます。
ひーひー言いながら登りきったところが戸隠バードラインです。
三叉路を左折し戸隠神社方面にどんどん登っていきます。
P1020378_convert_20130729225722
今回は戸隠神社中社を参拝します。
戸隠方面には山スキーで何度も来てますが参拝するのは初めてです。
P1020379_convert_20130729225846
階段を登りきると中社の社殿です。参拝して今日の安全を祈ります。
あとは長野駅まで戻るだけです。戸隠バードラインを走っていきます。
P1020380_convert_20130729230422
まずは飯縄山に向かって走っていきます。
長野市街地まで下るだけと思ってましたが甘かった。
微妙にアップダウンが連続してます。
市街地に下る道がいくつかある中で七曲りだけは避けたいところです。
しかし、どの道が七曲りに通じるかうろ覚えです。すると見覚えのある景色。
七曲りに大当たりです。ガタガタの路面に16%の急坂と連続ヘアピンカーブ。
必死の思いで下りましたとも。
P1020385_convert_20130729231533
極悪の七曲りを通過して振り返ります。
あとは普通の下り道になり無事に長野市街地に降り立ちました。
P1020386_convert_20130729231634
善光寺の前を通ってJR長野駅へ向かいます。
クルマを止めたコインパーキングに戻って本日の行程は終了。
曇りがちの天気のおかげもありましたが、
真夏の納涼サイクリングを楽しめました。



走行距離 151.50km
高度上昇 2892m

« 奥只見周遊 | トップページ | 大台ケ原周辺 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/52644585

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬・北信周遊:

« 奥只見周遊 | トップページ | 大台ケ原周辺 »