フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 有峰林道周遊 | トップページ | 奥武蔵 巾着田~一本杉峠 »

2013年9月23日 (月)

しらびそ峠周遊

台風接近の先週と違い、
今週は最高のお天気の三連休です。
今週はリニア経由地で話題の
南信州・飯田あたりを走ってみます。
南アルプスの展望台「しらびそ峠」を
絡めた周回コースです。

深夜の中央道を走り、松川ICに隣接する
駐車場(1日400円)にクルマを止めました。
明るくなるのを待って5時40分ころスタート。
まずは国道153を目指して一気に下ります。
まだ交通量の少ない国道を6kmほど南下し、
吉田交差点を左折、天竜川を渡ります。
県道18伊那街道を小川交差点まで走り、
県道251に入ります。
この辺りは喬木村の中心部らしく村役場や
郷土の童話作家椋鳩十の記念館があります。
P1020710_convert_20130922192758
喬木村役場の前を通り、緩やかな坂を
矢筈トンネル方面に向かいます。

一部迂回路を通りながらだんだん勾配が
出てくる中、山間部に入っていきます。
先週の台風の影響でところどころ谷から
押し出された土砂の跡が残っています。
P1020712_convert_20130922193318
矢筈公園を右手に見ながら通り過ぎると、
突然山の中に空中道路が・・
これは喬木ICで矢筈トンネルを通る
自動車専用道路とのことです。

トンネル内は自転車通行禁止なので
そのまま県道を直進します。
しかし、なんと先週の台風の影響でこの先
通行止と書いてるやないですか!
ここまで登ってきてそれはあまりの仕打ち。
ネットの情報にも出てなかったし、
ここまでの途中の案内板にも書いてません。
判っていれば別ルートを選択したのに・・・

何かあれば自己責任ですが道路自体が
崩壊してはいないだろうってことで
ゲートの先に進んでみることにします。
P1020713_convert_20130922194659
こういうところは担いで通過。
谷という谷から土砂が押し出ていて
そのたびに担ぎになりました。
そうこうしているうちに赤石トンネルに到着。
P1020716_convert_20130922195258
トンネルなのに赤石峠1195mの標識あり。
暗いトンネルでライトは必携です。
ひとりで通ってるとなんや不気味な感じ。

トンネルを抜けると太陽があたって
今までと対照的に明るい雰囲気です。
こちら側も谷から土砂が押し出ています。
P1020718_convert_20130922195646
この橋は土砂で埋まっていて道路上に
沢水が流れてます。

しかし、反対側から重機が入っていて
この先から土砂が排除されていました。
なので、ここから普通に走れてラッキー。
一気に国道152まで下り降りました。
遠山郷に入り、まず下栗の里を目指します。
そのまま国道を上島トンネル手前の
林道赤石線の分岐まで走っていきます。
今度は林道入口に係員が立っていて
時間通行止の案内をされます。
ぎりアウトなので別ルートを案内されました。
事前情報では土日は休工だったのになあ。

下ってきた国道を上村小学校付近まで
戻り、案内された林道に入ります。
最初は勾配10%以上の登りが続きます。
一気に高度を上げていき民家が出て
くると勾配も緩やかになってきました。
山間の穏やかな景色を楽しみながら
走っていくと下栗の里に到着。

南アルプスを背景に傾斜地に建てられた
家屋や農耕地の景観が素晴らしいです。
民家の間を縫うようにつけられた
つづら折れの道を登っていきます。
里の最上部にある、はんば亭で休憩します。
P1020733_convert_20130922202520
ここは日本のチロルと言われてるそうです。
里の奥には南アルプス聖岳が見えてます。
P1020732_convert_20130922202900
里の風景 集落は標高800~1000mの斜面
に広がってます。

下栗の里の全体が見渡せるビューポイント
まで歩いて見にいくことにします。
整備された道をのんびり歩いていくと
P1020724_convert_20130922203341
天空の里ビューポイントに到着
素晴らしい景観でした。

お次はしらびそ峠を目指します。
しばらくきつい勾配が続いていきます。
常に10%以上で時々路面がコンクリートに
変わると15%くらいの坂が登場。
ひーひー言いながら,がまんの登りです。
P1020736_convert_20130922204623
標高1500mくらいになるとようやく斜度が
ゆるくなってきました。

南アルプスエコーラインの名にふさわしく
南アルプスの山々の展望が良いです。
だらだらと高度を稼いでいくと、
今度は隕石クレーターの案内板が。
P1020738_convert_20130922204817
ここがクレータの境界尾根らしいです。
P1020739_convert_20130922205003
正面の中腹あたり、エコーラインが通って
いる斜面がクレーターのふちらしいです。
広大すぎてよくわかりません。

前方の尾根上に赤い屋根の
ハイランドしらびそが見えてきました。
最後少し勾配が強くなると標高1900mの
ハイランドしらびそに到着。
P1020744_convert_20130922205405
展望台から南アルプスの眺めです。
一番奥が荒川岳です。
P1020745_convert_20130922205528
ハイランドしらびそ前の広場には昔活躍した
遠山森林鉄道が展示してありました。
P1020747_convert_20130922205645
景色を楽しんだあとはハイランドしらびその
食堂で下栗いも田楽を食べました。

食後は引き続き行程を進めます。
まずは少し下ってしらびそ峠へ。
P1020748_convert_20130922222236
しらびそ峠 標高1833m 
ここも南アルプスの展望が素晴らしいです。

ここからは、どんどん下ります。
途中伊那山地方面の景色が
開けるところもあり楽しい下りです。
遠山郷側と大鹿村側に分かれる三叉路は
大鹿村方面に向かいます。
ここから少し登り返しがありました。
このあたりも先週の台風の影響が
少し残ってました。
下ってる途中に突然地蔵峠に到着。
P1020753_convert_20130922223439
地蔵峠 標高1314m 
ここから再び国道152です。
P1020749_convert_20130922223635
今から走る大鹿村は日本で最も美しい村
連合に加盟してるようです。

ここから引き続き下っていきます。
途中で安康露頭の案内板がありました
ので歩いて見に行きます。
P1020756_convert_20130922224951
むかし地理で習った中央構造線ってのが
ちょうどこの谷沿いを走ってるのです。
川の対岸の色の変わってる境目が構造線。
地質学的にはここで日本の北と南に
分かれているらしい。

引き続き国道152を北上していきます。
小渋川を渡り大鹿村の中心部を通り過ぎると
村役場がありその先で三叉路になってます。
左に行けば松川町に戻りますが
分杭峠を目指すので右の国道152を行きます。
P1020759_convert_20130922230904
分杭峠まで15kmだらだらした登りが続きます。

9月半を過ぎましたが、まだまだ暑いです。
のんびりとした景色の中をだれだれで
走っていきます。
谷が狭まると木陰も増えて暑さもマシです。
今度は北川露頭の案内板があったので
見にいきましょう。
P1020763_convert_20130922231624
この色の境目が日本の大断層
中央構造線なのです!

再びだらだらと登っていきます。
最後は少しワインディングして分杭峠に到着
P1020768_convert_20130922232032
分杭峠 1424m パワースポットで人気です

峠を越えると駐車場があって
人がいっぱいです。
伊那市側からシャトルバスがどんどん
上がってきます。
P1020772_convert_20130922232851
ゼロ磁場と言ってなんか身体に良いらしい。
中央構造線が真下に通ってるのが
関係しているらしい。
P1020770_convert_20130922233416
こちらは、通行止の林道を少し歩いた
先にあるゼロ磁場

信じる者は救われる系の場所でしょうか?
科学的なのか非科学的なのかわかりません。
しかしシャトルバスが運行するぐらい
なので立派なもんです。

分杭峠を伊那市側に少し下っていくと三叉路。
左の県道49に入って駒ヶ根方面に向かいます。
快適な下りをどんどん走っていくと
天竜川の手前で新宮川岸の交差点に到着。
左折して天竜川沿いを走ります。
しばらく南下してから天竜川を右岸に渡って
国道153まで走ります。
今度は国道を南下し与田切川を渡った
ところで県道15に入って坂を登ります。
台地状に乗りあがるとあとは
松川ICまで走るのみです。
天候にも恵まれて今日も
楽しいサイクリングできました。



走行距離 150.76km
高度上昇 3410m

« 有峰林道周遊 | トップページ | 奥武蔵 巾着田~一本杉峠 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/53348809

この記事へのトラックバック一覧です: しらびそ峠周遊:

« 有峰林道周遊 | トップページ | 奥武蔵 巾着田~一本杉峠 »