フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 奥武蔵 七重峠 | トップページ | しらびそ峠周遊 »

2013年9月15日 (日)

有峰林道周遊

この3連休は台風接近ってことで、
お天気良さげなのは土曜日くらい。
いろいろ計画してる中でも台風の影響が
少なそうな有峰湖に行くことにしました。
金曜の仕事を終えて中央道を西へ走ります。
今回、起点にする道の駅「宙ドーム神岡」には
午前2時半に到着。

夕方から雨の予報なので早めにスタート。
午前3時過ぎに神岡を出発。
まずは国道41を北に向かいます。
高原川沿いの下り基調で走りやすい道です。
猪谷から神通川の左岸を走るようになります。
しばらく走ると右岸に渡り笹津に到着。
国道を離れて県道65に入ります。
さすがに国道よりも外灯が少なく暗いです。
県道35に入って東に向かいます。
明るくなるまでは景色も見えないので
淡々と走っていくだけです。
富山地鉄の線路を渡り、
三室荒屋の交差点を右折します。
常願寺川を渡ると岩峅寺に入りました。
下田の交差点を右折し少し走ると
県道6に合流します。
立山アルペン村に併設している
セブンイレブンで最初の休憩。
このあたりは平ノ小屋の忘年会で
毎年来てるので見慣れた景色です。

この頃になるとようやく明るくなってきました。
常願寺川沿いの緩やかな登りを
走っていきます。
途中、芦峅寺にある雄山神社で
今日の安全を祈願しました。
P1020666_convert_20130915135850
三社ある雄山神社の内、芦峅寺にあるのは
中宮祈願殿と呼ばれているらしいです。
P1020663_convert_20130915135908
杉並木の参道の奥に祈願殿(拝殿)が
ありました。

参拝の後は称名滝を目指します。
立山駅のある藤橋を通り過ぎると、
だんだんと勾配が強くなります。
立山有料道路の分岐を過ぎると
勾配10%を越えるようになりました。
P1020669_convert_20130915141302
途中にある「悪城の壁」です。
高さ500m長さ2kmの一枚岩とのこと。

勾配はどんどん強まり、最後は14%くらいが
1km近く続きます。
最近の運動不足でなかなかつらい登りでした。
P1020677_convert_20130915142047
称名滝駐車場からは自転車通行禁止の
遊歩道になります。クリートカバーを装着して
散歩がてら滝見物に向かいます。
P1020675_convert_20130915142542
称名滝 4段350mで落差日本一の滝です
いつ見ても豪快です。

滝見物を堪能したので来た道を戻ります。
ここは大日岳や八郎坂の登山口に
なっているので今から登山をする人たちと
大勢すれ違いました。
登山者を見ると僕も中高年ハイカーの
血が騒ぎます。登りで苦労した坂も下るのは
あっという間です。
すぐに藤橋まで戻ってきました。
P1020678_convert_20130915143653
ロッジ風の立山駅に立ち寄って補給休憩。
休憩のあとは、県道6を戻っていきます。
P1020680_convert_20130915144054
途中で常願寺川に架かる立山大橋を展望
芳見橋交差点まで戻って左折し
芳見橋を渡ります。
P1020681_convert_20130915144626
芳見橋の上からの景色 
電車が通らなくて残念です。

橋を渡ると有峰口です。
ここから今日の本題の有峰林道ですが
コースが二つあります。有峰湖まで登るのは
小見線と小口川線がありますが、
より登り甲斐のありそうな小口川線を
走ることにします。料金所のある水須連絡所
までだらだらした登りです。クルマだと
通行料金1800円のところ自転車はなんと
無料です。ゲートで係員のおじさんに
「クルマが多いので気をつけて」との
お言葉をいただき登り始めました。
P1020684_convert_20130915145834
序盤は信号待ちのあるトンネルを二つ
通り抜けます。その後は小口川とつかず
離れずだらだらと高度が上がっていきます。
僕の脚はすでに称名滝で終了してますので、
全く精気のない走りです。
P1020686_convert_20130915152337
こんな感じの道が続いていきます。
景色を見ながらのんびりと登っていくと
P1020688_convert_20130915152614
祐延ダムが見えてきました。

ダムまで登り祐延貯水池沿いを少し走ると
P1020691_convert_20130915153427
祐延峠に到着。ここで標高は1480mとのこと。
P1020693_convert_20130915154114
峠を越えると北アルプスの稜線が見えてきました。

ここからは有峰湖までほぼ下りです。有峰湖
まで一気に下りきり、有峰ダムの堰堤を
渡ります。小見線と合流して少し登ると
有峰湖展望台に到着。
P1020696_convert_20130915154531
水量豊富な有峰湖が見下ろせます。

その先にある有峰記念館のレストランで
昼食にします。
P1020697_convert_20130915154855
カレーライスを食べました。
天気予報通り、午後からはどんどん雲が
出てきました。行程も少し遅れがちなので
先を急ぎましょう。最近自転車にあまり
乗れてないので体力落ちまくりで思うように
登れてないのがタイムロスの原因です。

次は北アルプス薬師岳の登山口である
折立に向かいます。2車線の走りやすい
道でした。休憩直後で比較的ぐいぐい登ると
新折立トンネルです。トンネルを抜けると
すぐに折立に到着。
P1020698_convert_20130915155544
折立で標高1356mとのことです。たしか過去
に登山と沢登りで2度来たことがあります。
懐かしいような、
あまり記憶に残ってないような・・

ここから有峰ダムまでは来た道を
快適にダウンヒル。
P1020699_convert_20130915160038
ダムの堰堤上はクルマと単車のみ信号で
一方通行規制されてます。

先ほど下ってきた小口川線の分岐を通り
過ぎて湖周線を行きます。最初は湖を見な
がら走り、その後は森の中を走ります。
P1020701_convert_20130915160550
自然林に囲まれた気持ちの良い道路です。
しかし、このあたりで両足攣って呻いてました。
東谷線に入ると2車線のだらだらした
登りが続きます。この頃になるとだいぶ
お疲れモードです。東谷連絡所を通り過ぎる
と少しで飛越トンネルに到着。
P1020703_convert_20130915161232
ここで標高1470mとのことです。
扉のあるトンネルで冬期は閉めてるらしいです。
頑張って登った割に短いトンネルであっさり
岐阜県へ戻ってきました。岐阜県側は
北アルプス北ノ俣岳への登山口になっていて
たくさんのクルマがとまっていました。
僕もここには山スキーで来たことがあります。

ここからは快適にダウンヒル。
あっという間に山之村へ下りました。
P1020704_convert_20130915161952
まだまだ暑いですが、
すすきの穂が秋を先取りしていました。

神岡に出るには県道484を通って
もうひと山越えなければなりません。
疲れた脚にムチ打って登っていきます。
幸い最後は伊西トンネルで山越えになってました。
トンネルを越えると今度こそ最後のダウンヒル。
狭いブラインドコーナーが続きますので
慎重に下ります。神岡鉱山の廃滓堆積場を
通り過ぎて国道471に降り立ちました。
ここから道の駅「宙ドーム神岡」はすぐです。
クルマに戻り撤収作業し終えて
しばらくしたら雨が降り出しました。
なんとかギリギリセーフで戻ってこれました。
体力低下中でよれよれでしたが、
旅情あるサイクリングは楽しいですね。

走行距離 179.52km
高度上昇 3492m

« 奥武蔵 七重峠 | トップページ | しらびそ峠周遊 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/53266532

この記事へのトラックバック一覧です: 有峰林道周遊:

« 奥武蔵 七重峠 | トップページ | しらびそ峠周遊 »