フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 奥武蔵 巾着田~一本杉峠 | トップページ | 大阪~埼玉 »

2013年10月 8日 (火)

御嶽山から野麦峠

週末は近場のお天気はイマイチ。
ならば、遠出でもしようかと
木曽の御嶽山周辺に行くことにしました。
夜の中央道を走り、伊那ICから
権兵衛トンネルを越え木曽路に入ります。
クルマはJR藪原駅の駐車場に
止めてここからスタート。

夜明け前の国道19を南下して行きます。
お隣の伊那谷の広々とした雰囲気と違い
「木曽路は全て山の中である」と言う
フレーズ通りの景観です。
木曽福島の町はバイパスでやり過ごし、
御嶽山方面に右折します。

王滝川沿いの県道20を
アップダウンをこなしながら走ります。
まずは田ノ原天然公園を目指すので
三岳黒沢の交差点を左折。
御岳湖沿いの道をしばらく走ると
王滝村の中心部に到着しました。
中心部と言うにはあまりに
こじんまりとした雰囲気ですが。

この頃になると空も明るくなってきました。
ここから本格的な登りになります。
いきなりぐぐっと登り出し警戒しましたが、
すぐに傾斜は緩まりました。
道の両側にはいくつもの霊神碑が
立っていてとても信仰色が強い道です。
P1020829_convert_20131007205437
目の前に霊峰御嶽山が姿を現しました。
朝日を浴びて赤く染まっています。

しばらくは、それほどきつい勾配もなく
快適に登っていけます。八海神社を
過ぎるとおんたけ2240スキー場の
ゲレンデ内を蛇行しながら走ります。
このあたりからやや勾配が強まりました。
P1020832_convert_20131007210354
左奥のこんもりした三笠山の裏側が
目指す田ノ原天然公園です。

P1020834_convert_20131007210635
ゲレンデ内をぐねぐねと登ってきました。

ゲレンデTOPが近づいたところで
三笠山を左側から巻くように登ります。
最後はぐるっと回り込むと
田ノ原天然公園に到着しました。
P1020835_convert_20131007211850
標高2180mです。 だいぶ登りました。
御嶽山登山口と言うことで山登りの準備
をしている人がたくさんいらっしゃいます。

P1020837_convert_20131007212508
私もここから何回か登りました。

さて、景色を楽しんだあとは
快適ダウンヒルです。
下りはあっという間に王滝村の
中心部まで降りてきました。
そのまま来た道の通り
御岳湖沿いを戻っていきます。

さて、お次は霊峰ラインから
御岳ロープウェイ乗り場を目指します。
まずは県道20を少し走って三叉路を
右折せず県道473へ直進します。
P1020848_convert_20131007213357
霊峰ラインはさっきの田ノ原へ道
よりも信仰色の濃い道です。
P1020851_convert_20131007213607
霊神碑の奥に霊峰がそびえています。

道がワインディングしだすと
勾配が強くなってきました。
数えきれないくらいの霊神碑に囲まれた
道を登っていきます。

倉越パノラマラインとの分岐は
ちょとした広場になっていました。
P1020853_convert_20131007213859
右の道が倉越パノラマライン
左の道が登ってきた道です。
中央の登ってる道がこれから走る道です。
この分岐からはしばらくの間
直線的なきつい勾配が続きました。
だいたい11~16%くらいでしょうか。

ひーひー言いながら登っていきます。
しばらくすると傾斜も緩まってきました。
すると今度はロープウェイ乗り場へ
向かう分岐が出てきました。
しかし、道はまだ上に続いているので
引き続き登っていくことにします。
行きどまりは駐車場になっていて
六合目(中の湯)とのことでした。
ここで標高1820m。
さっきの田ノ原より低いですが
登りごたえはこっちの方がありました。

景色も見えないのでさっさと
ロープウェイ乗り場に向かいます。
先ほどの分岐まで戻り、今度は
ロープウェイ方面へ下っていきます。
P1020858_convert_20131007215235
途中、ゲレンデに出ると
中央アルプスの山並みが見えました。
そのまま走り降りると
ロープウェイ乗り場に到着。
P1020860_convert_20131007215524
お花畑の奥に御嶽山が見えています。
8合目あたりが色づいてる感じでした。

こちらでも景色を楽しんだあとは
快適ダウンヒルです。こんどは
御岳ブルーラインを下っていきます。
木曽温泉まで下り、
県道20との三叉路に到着。
左折して開田高原を目指します。
せっかくなので開田高原の
ビューポイント九蔵峠に立ち寄ります。
国道361まで登って三叉路を
左折して少し走ると九蔵峠です。
P1020870_convert_20131007220120
九蔵峠から見た開田高原 
全山紅葉の時期に見たかった

引き続き国道を高山方面に
走っていきます。
そろそろランチタイムです。
開田高原と言えば蕎麦。
P1020874_convert_20131007220408
高原食堂に立ち寄って蕎麦を食べました。
P1020872_convert_20131007220645
ざるそば 並は2枚。
美味しいお蕎麦でした。

食後は腹ごなしにのんびり走ります。
P1020875_convert_20131007221139
開田高原は気持ちの良いところです。

しかし、のんびりもあっという間に
終わって峠の登りに差し掛かりました。
今回の登りはそんなに
長くなく、すぐに長峰峠に到着。
P1020878_convert_20131007221754
長峰峠 標高1350m
営業していない茶屋が
ひっそりと建ってました。

ここから岐阜県高山市に入ります。
濁河峠への道を左手に見て直進。
日和田高原あたり一帯は
高地トレーニングエリアとのことで
ランナーに注意の看板が目につきます。

高根乗鞍湖の湖岸を走り、
野麦峠への分岐に到着。
ここから登りに転じます。
最初のうちは緩やかな道です。
P1020885_convert_20131007223102
正面には乗鞍岳も見えてきました。

集落を過ぎると急にぐぐっと登り始めます。
登りきったところが寺坂峠です。
ここからいったん下って野麦の集落へ。
水の残量が気がかりだったのですが
野麦の館で補給することが出来ました。
集落を過ぎると、
いよいよ野麦峠への登りにかかります。
P1020888_convert_20131007224815
紅葉もようやく色づき始めた感じです。
だらだらと高度を上げていきます。
脚もだいぶお疲れモード、積極的な走り
はしません、いや、出来ません。
P1020891_convert_20131007225216
野麦峠 標高1672m
峠にはお助け小屋や「あゝ野麦峠」の
政井みねさんとお兄さんの像がありました。
像の出来はちょっと見た目が怖い。

ここからは、長野県松本市に入ります。
どんどん下っていきます。快適快適。
下りきると県道26との三叉路です。
左に行けば上高地や松本方面、
私は右の木祖村方面に向かいます。

で、曲がればまたまた峠への登りです。
しかし、本日最後の峠越えです。
よれよれと登っていき境峠に到着。
標高は1486mです。
峠を越えると木祖村に入って、
あとは下るのみです。
木曽川源流の村の風景を
眺めながら快適な道を走ります。
P1020897_convert_20131007231112
そのまま、JR藪原駅に戻って周遊は終了。
今日もお天気に恵まれて楽しい1日でした。



走行距離 192.88km
高度上昇 4187m

« 奥武蔵 巾着田~一本杉峠 | トップページ | 大阪~埼玉 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/53513759

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山から野麦峠:

« 奥武蔵 巾着田~一本杉峠 | トップページ | 大阪~埼玉 »