フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 平ノ小屋 2013小屋閉め | トップページ | 奥日光とJC周回コース »

2013年11月 5日 (火)

埼玉~大阪

先月に引き続き
帰省してないけど帰省ライドです。
引っ越し先が埼玉なので
挑戦しはじめましたが
目標にしてる30時間が切れなく
て毎度くやしい思いをしてるので
また走ってみます。

西行きにするか東行きにするか
ぎりぎりまで悩みましたが
最後は天気予報で西行きに決定。
金曜晩に出発することにします。

今回は、東海道にこだわらず
首都圏は国道246、関西は国道163を
使って距離的には
最短のルートを使います。
出発時間も両都市を深夜に走る
22時出発に戻しました。
事前のタイムスケジュールも
中盤までにタイムを稼いで終盤に
余裕を持たせた内容にしました。
あとはいつもの胃の不調さえ
なければなんとか
なるはずなのですが・・・

仕事から帰って出発準備
22時過ぎに自宅を出発しました。
まずは環八を南下していきます。
この道は夜遅くても車が多いです。
軽車両通行禁止の高架や
アンダーパスの多い道です。
おまけに事故渋滞していて
思うように走れなく出鼻を
くじかれた感じです。

瀬田の交差点から国道246に入ります
夜遅くても昼間のように明るい
二子玉川を通り過ぎて二子橋で
多摩川を渡りました。
国道246は丘陵地帯を走る為か
アップダウンが多くて意外に疲れます。
高速でクルマがびゅんびゅん抜いて
いくのがこれまた怖いです。

相模川を渡って厚木市を過ぎると
交通量も減ってきました。
このあたりで計画より40分ほど
早く走れてます。
意外にすんなり首都圏を抜けれた
ようです。
恐かったけど・・・

ここから先は夜間に2度走っていて
暗くてもなんとなく安心です。
自宅から80kmちょい走った松田町の
コンビニで最初の休憩。
時間も計画より50分の貯金が出来ました。
今まではアップダウンの繰り返しでしたが、
ここから御殿場までは登り一辺倒です。
P1020971_convert_20131104174555
静岡県に入ってすぐの軽車両通行禁止
区間は県道394で回避します。
再び国道246に戻ると沼津まで
快適な下り区間です。
休憩をまじえ1時間ほどで沼津に到着。
時間貯金は50分に減りましたが
まだまだ順調です。

道の駅「富士」でメールをチェックすると
arkibitoさんから返信が入ってました。
昨年、埼玉から大阪に走った時に
同じく大阪を目指されていたarkbitoさん
とお会いし、横浜あたりから30kmほど
一緒に走り、その後もメールでエールを
交換しながら走りきったのを思い出します。

そのarkibitoさんが偶然にも今日、
東京に向かって走ってられます。
計算すると豊橋あたりですれ違えそう。
ぜひお会いしましょうとの事。
寂しい一人旅に楽しみが増えました!

富士川を渡るあたりでようやく
明るくなってきました。
自転車通行禁止の国道1を避けながら
由比に出ます。
P1020974_convert_20131104175255
自転車道で興津まで走り、再び国道1へ。

清水駅前を通過して静岡駅へ向かいます。
まだ朝早くクルマが少なくて助かりました。
P1020975_convert_20131104175548
静岡駅の家康さんです。
先月は後姿しか見てないのでお顔を
見るのは1年ぶりです。
ここで自宅から190km弱。
経過時間は8時間45分です。

静岡市街を抜け、道の駅「宇津ノ谷峠」で
4回目の休憩。静岡おでんが食べたかった
のですが、まだ時間が早くて売ってません。
代わりに朝定食を食べました。

藤枝市、島田市あたりも国道1バイパスは
自転車走れません。
市街地を走る旧1号を抜けていきます。
さすがにストップ&ゴーが多くて疲れます。
前に見えてた山が近づくと大井川に到着。
P1020976_convert_20131104180717
東海道の難所と言われた大井川も橋で
あっちゅうまに渡ります。
しかし渋滞や信号の多さで貯金は
30分に減りました。

金谷からの登りは無理せずに
淡々とこなします。
山を越えると掛川の町に入ります。
ここから、袋井市、磐田市と国道1の
自転車の走れない区間が続きます。
まあ、走れたとしても怖いだけですし。

なんかもう見慣れた景色を走り抜けます。
鉄橋が見えてくるとまもなく天竜川です。
P1020977_convert_20131104182005
ここで自宅から257km。
まもなく中間地点です。
経過時間は12時間強。

今日はラッキーなことに
向かい風がないので
浜松市街地ではなく、
浜松バイパスを走りました。
P1020978_convert_20131104190316
弁天島から見る浜名大橋

メールを確認するとarkibitoさんとは
予定通り豊橋あたりですれ違えそうな感じ。
P1020979_convert_20131104190715
潮見坂を登れば、愛知県に入ります。
今回は静岡県の通過に9時間50分。

豊橋の市街地に入り、対向車線を
注意しながら走っていきます。
すると、ちょうど豊川の橋の上で
こちらに手を振りながら
走ってるロードバイクを発見。
無事にarkibitoさんと会えました。
P1020981_convert_20131104191419
豊川に架かる吉田大橋にて
約1年ぶりの再会です。
お互いの健闘と安全を祈って
握手して別々の方向に走り出します。

豊川市街地を通過し、
音羽蒲郡のアップダウンを
こなして道の駅「藤川宿」で休憩。
ここまで、自宅から16時間半弱。
時間の貯金はなくなりました。
まあ、計画通りって言えば計画通り。

ここから名古屋地区の
市街地通過です。
なるべくタイムロスを
少なくしたいところですが
安全優先で走ります。
岡崎ではあまりの眠さに
少しだけベンチで横になりました。

安城、知立、豊明を通過して
名古屋市に入ります。
予想通り、道は渋滞しています。
笠寺を計画より10分遅れで通過。
薄暗くなってくる中ひたすら
ストップ&ゴーを繰り返します。

弥富を通過し、木曽川を渡ると
ようやく三重県に入りました。
ちょうど帰宅ラッシュの頃なのか
このあたりはずっと渋滞が続きます。
四日市で、再び眠気に襲われて
公園のベンチで少し横になりました。
渋滞と仮眠休憩で計画より
40分ほど遅れ。

四日市の市街地を抜け鈴鹿市へ。
暗いバイパスをひたすら
淡々と走っていきます。
すると前方に手を振ってる人が!
わざわざ仕事の合間に駆けつけて
くれただる氏でした。
忙しいところをわざわざありがとう!

次の休憩地の関で落ち合うことにして
だる氏はクルマで先行しました。
暗い亀山バイパスを走り抜け
道の駅「関宿」で再びだる氏と合流。
短い時間でしたが、ほっこりできました。
計画より1時間遅れですが、
終盤は計画にだいぶ余裕を持た
せているので順調と言えば順調かな。

ここからは、鈴鹿峠ではなく
伊賀越えで大阪を目指します。
国道25は外灯もなく真っ暗な山道です。
すぐ近くを鉄道が走ってるようで
突然、まばゆいばかりの灯りと
けたたましい走行音とともに
列車が走り抜けていきました。

加太を過ぎ、イシバシ工業付近は
路面が荒れてきます。
舗装がはがれたガタガタ道です。
完全に非舗装状態です。

伊賀市に入り下り基調となると
快適な道に変わりました。
名阪国道の伊賀インターで
自宅から447km。
いよいよ胃の具合が良くありません。
こればっかりはどうして良いやら。
寒かったので暖かいコーンポタージュ
を飲んだら気持ち悪さ倍増。

胃に負担の少ない補給とか
試したいのですが400km以上
走ってからでないと効果が
わからんのでそう簡単に
試せませんわ。

おまけに今回は眠気が
ひどいです。これは、仕事終わってから
仮眠もせずに走り出したので仕方ない。
ええ年こいてきたら寝不足が一番
きついです。ちょっと失敗でした。
危ないと思ったら、安全な道端や
店先などで横になること4度。
これは完全に想定外でした。

木津駅に着く頃にはすでに
午前3時を回ってました。
あえなく30時間切りは
クリアできず。チーン

木津から先は大阪在住時に
何度も走った道です。
軽めのアップダウンをこなして
清滝峠は登らずトンネルを通過。
ようやく大阪平野が見えてきました。
やっほー!我が町OSAKA

先々週に偵察した国道163の
軽車両禁止区間をパスして
大阪平野に降り立つとあとは
ひたすら市街地を走るだけです。

脚はまだ残ってるのに、スパートかけよう
にも胃が気持ち悪くてあきません。
心拍上げれば吐き気がするのかなあ。
それも違うような・・
まだまだ研究が足りません。
とりあえず梅田新道に到着しました。
時刻は午前5時。30時間55分って。
自分にがっかりです。
P1020983_convert_20131104201222
とぼとぼと大阪駅に移動します。
11月の3連休と言えば大行楽日。
混む前に自宅まで戻りましょう。
自転車を輪行袋に詰めて新大阪駅へ。
新幹線に乗ると、すぐに爆睡。
あっという間に品川駅でした。

今回も、またまた勉強です。
出発前は出来るだけ睡眠をとる事。
これは大切でした。
走ってる時に寝たら確実に死ねます。
出発時間は概ね正解かな。
深夜の伊賀越えは初見では微妙でした。
胃は・・ ようわからん。

とりあえず、6回チャレンジして
3回達成で達成率5割にしたので良し。

何度もエールを戴いたarkibitoさん
仕事の合間に駆けつけてくれただるさん
FBで応援してくださった皆さん。
ありがとうございまいた。感謝!






走行距離 528.86km
高度上昇 3110m

« 平ノ小屋 2013小屋閉め | トップページ | 奥日光とJC周回コース »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

改めましてお疲れさまでした~@@
あうさんの存在にずっと勇気づけられたおかげで、完走できました♪
こちら、まだまだダメージが甚大DEATH。

どうもおつかれさまでた!
感動の再会ができましたね(^◇^)
同じ日同じ時間に走ってられて
僕もとても励みになってました!!
またの再会がとても楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/53825113

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉~大阪:

« 平ノ小屋 2013小屋閉め | トップページ | 奥日光とJC周回コース »