フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年12月

2013年12月15日 (日)

南房総周遊

今週もサイクリングに繰り出しました。
なんとなく暖かそうなイメージの南房総へ
かっきーと向かうことにします。
以前、房総半島一周したときにはほとんど
観光できなかったので今回は観光と食事を
メインに回ってみます。

国道127を南下し道の駅「きょなん」には朝の
4時過ぎに到着しました。
1時間半ほど仮眠し、明るくなってきたころに
起床し出発の準備。
そんなに冷え込みはきつくないですが
西風が強そうな感じです。
ここ「きょなん」の敷地には地元出身の
浮世絵師、菱川師宣の記念館が併設され
ていました。
P1030166_convert_20131215122745
師宣氏の代表作「見返り美人」像

7時頃走り出します。
まずは国道127を少しだけ北上し、保田
交差点を右に曲がって鴨川を目指します。

この道は長狭街道と言われていて
内房と外房を結ぶ主要道路のひとつです。
ゆるやかに高度をあげて横根峠を越えると
いったん富津市に入ります。
少し下り再び登り返すと鴨川市です。
今日の最初の観光地は大山千枚田。
金束郵便局付近の三叉路を右へ。
道は狭まり、しばらく急坂が続きます。
ひーひー言いながら案内板通り進むと
大山千枚田に到着。
P1030167_convert_20131215124846
日本の棚田百選に選ばれています。
P1030168_convert_20131215130908
375枚の棚田で構成されているそうです。
今の時期、夜はライトアップされているらしい
です。

大山千枚田から長狭街道に戻って
鴨川市街地を目指します。
下り基調でどんどん走っていきます。
風は冷たいですが太陽があたればそれなり
にぽかぽかします。
P1030175_convert_20131215135634
これは鴨川の妖精たち
鴨川市街地に入り、次に目指すのは魚見塚。
鴨川の街を見下ろす高台です。
目的の丘は見えてるのですが、登り口が
わかりません。
道に迷いながらも、なんとか到着出来ました。
途中の急坂でひーひー言わされましたが。

駐車場から階段を登って展望台へ。
正式名は魚見塚一戦場公園展望台です。
P1030171
鴨川の景色
展望台には巨大女神像も立っています。
P1030170_convert_20131215134019
セクシーダイナマイトな乙女です
P1030172_convert_20131215134149
鴨川松島方面の風景

この展望台は別名誓いの丘と呼ばれていて
こんな鍵がいっぱい掛けられていました。
P1030173_convert_20131215134609
だいたい、まあ、あれ系なメッセージが書き
こまれております。
P1030174_convert_20131215134740
なかには、なぜか落ちている鍵も。
神の仕業でしょうか??

駐車場に戻るとトイレ掃除のおじさんに声を
かけられ、いろいろとお話を聞きました。
魚見塚をあとにして、鴨川漁港を見学します。
すでに、水揚げは終わって閑散とした雰囲気
でした。
P1030177_convert_20131215135959
防波堤の奥まで進むと弁天島があって
厳島神社が祀られています。

鴨川漁港をあとにして西へ向かいます。
外房黒潮ラインを海岸線の景色を楽しみな
がら走っていきます。
今日は西風がつよくて苦労させられます。
房総フラワーラインに入るとすぐに道の駅
「ローズマリー公園」です。
P1030179_convert_20131215140557
立派なヨーロッパ風建物とガーデン。
他にもいろいろ。
たまたま観光に来ていたおじさんにいろいろ
説明を受けました。
先ほどの魚見塚と言い気さくなおじさんが
多いです。

このあたりから西風がどんどん強まりました。
かっきーと先頭交代しながらひーひー言い
ながらの走行です。
P1030181_convert_20131215141331
向かい風にやられまくり。
P1030187_convert_20131215141450
今年の夏にやってたドラマのロケ地表です。
真心ブラザーズ好きなので初回だけ見まし
たがその後脱落。長澤まさみさんの大きな
看板が立ってたのはここやったのね。

房総半島最南端の野島埼に到着。
P1030182_convert_20131215142240
野島埼灯台をバックに記念撮影
P1030185_convert_20131215142636
最南端のかっきー氏

そろそろお昼ご飯の時間なので、どこで食べ
ようか考えているとすべてのお店から
店員さんが出てきて客引きが始まりました。
季節外れで閑散としている中、ターゲットは
我々二人のみ。
みなさんに見つめられてます。

これは困った。あちらを立てればこちらが
立たず状態です。
かっきーと作戦会議をし、いったん場所を
離れ、客引きが居ないうちに一番手前の
お店に飛び込みました。
P1030189_convert_20131215143229
食べたのは金目鯛定食1,500円
日によって1,200~1800円で値段が変わる
ようです。
P1030190_convert_20131215143412
肉厚でとても美味しい金目鯛でした。

野島埼をあとにして西へ向かいます。
さらに強さをました西風にボロボロにされ
ながら走ります。
砂浜から飛んでくる砂も手強い敵です。
洲崎を周回するコースを走り、東向きになる
とホッと一息。風がないとほんとラクです。
館山市街に入り沖ノ島を見にいきます。
P1030193_convert_20131215144303
以前は島だったらしいですが、現在は
隆起などで陸続きになったようです。
島にも渡りましたが、島は普通でした。

沖ノ島のあとは、戦争遺跡の掩体壕を見学。
P1030199_convert_20131215144728
航空機を敵の攻撃から守る格納庫とのこと。

その後は、館山市街地に入っていき
館山城に向かいます。
城山の上に立っている天守は足場が
組まれていて残念な感じです。
でも、せっかくなので登ってみます。
急坂をヒーヒー登って城山公園に到着。
P1030200_convert_20131215145412
近くでみても残念な館山城。
P1030203_convert_20131215150652
城山公園から館山市街の眺め

館山市街地を離れ、北を目指します。
海岸線の連続する狭いトンネルを避けるた
め、内陸の県道88を使います。
海岸線の道に比べて走りやすい道です。
道の駅「三芳村雛の里」で休憩。
P1030204_convert_20131215151050
道の駅の地図には自転車に乗るチーバくん

犬掛交差点を左折し海岸線に戻ります。
ゆるい坂で峠越えして岩井から国道に復帰。
勝山でいったん国道を離れて寄り道。
P1030206_convert_20131215151501
最後の観光地 源頼朝上陸地へ
石橋山合戦で敗れた頼朝が安房の地に
逃げてきた時に上陸した場所とのことです。
P1030209_convert_20131215152115
そろそろ夕陽が海に沈むころです。
浮島横の大ボッケの穴も赤く見えています。
P1030208_convert_20131215152723
浮島の向こうに夕日が沈んでいきます。

すぐに出発地の道の駅「きょなん」に到着。
今回も楽しいサイクリングができました。
保田港の「ばんや」に移動してお風呂と
夕食です。
P1030212_convert_20131215153011
本日の締めは海鮮丼
房総半島は伊豆ほど観光地してなくて
走っても食べても大満足なところでした。



走行距離 136.4km
高度上昇 1053m

2013年12月13日 (金)

富山忘年会&初滑り

先週末は毎年恒例の平ノ小屋忘年会と
ついでに栂池で初滑りでした。

ここ数年に比べて雪の降り出しが早くて
藪っぽいながらも楽しい初滑りができました。
P1030134_convert_20131213213620
栂池スキー場は栂の森ゲレンデのみOPEN

P1030138_convert_20131213213743
ゲレンデTOPから林道へトラバースして
歩きだします。

P1030140_convert_20131213213850
昨日からの降雪で良い感じのパウダー

P1030145_convert_20131213214030
時間がないので成城小屋で引き返し

P1030150_convert_20131213214203
栂池自然公園にてハイジ&かっきー

P1030152_convert_20131213214326
ハイジ氏滑る

Pc079787_convert_20131213215638
私も滑る

あっという間にゲレンデまで戻って終了。
ハイジ氏と別れて、富山に向かいます。

忘年会では相変わらず食べ過ぎました。
P1030161_convert_20131213220025
きときと
P1030164_convert_20131213220120
翌日のお昼はカニすきともつ煮
美味しいので仕方ありません。

ではでは、次回は小屋開けで会いましょう。

2013年12月 1日 (日)

伊豆半島半周

11月最終日。伊豆半島を走ってきました。
西海岸の土肥温泉が起点終点です。

かっきーのクルマで土肥港近くの
松原公園駐車場に到着し1時間ほど仮眠。
早朝の冷え込みの中で、6時半すぎに出発。
まずは船原トンネルまで登りです。
朝一の登りはさすがにつらい。
ひーひー言いながら登ってトンネルを
抜けます。
P1030074_convert_20131201115810
トンネルを抜けると今度は下り。
気温は-1℃くらい。寒い寒い。
温まっていた身体が一気に冷えていきます。
ぐんぐん下って最後はショートカットで
国道414に出ました。

ここからは再び登りになります。
先ほどの登りよりはラクですがだらだらと
した坂がひたすら続いてきます。

最初の観光は浄蓮の滝です。
P1030075_convert_20131201120413
滝への降り口には「伊豆の踊り子」の銅像が
立っています。
かっきーとふたりで天城越えを歌いながら
階段を下りていきます。
P1030078_convert_20131201120746
浄蓮の滝 直瀑25m 日本の滝100選
P1030079_convert_20131201121117
滝近くには天城越えの歌碑がありました。
名曲ですわ。

谷底にいてると寒いのでさっさと退散。
駐車場まで戻って、少し先の道の駅
「天城越え」まで移動します。
P1030080_convert_20131201122326
寒いので暖かいものでもと思っていましたが
まだ朝が早く、お店が閉まっていたので
寒そうな食べ物で記念撮影。

空振りだった道の駅を後にし、引き続き
だらだら登っていきます。
途中にある分岐で旧道に入り旧天城トンネル
に向かいます。
こちらはダートになっていますがなんとか
ロードバイクでも走れる感じです。
P1030084_convert_20131201122854
旧天城トンネル(天城山隧道)445.5m
石造道路トンネルでは日本最長らしいです。
P1030085_convert_20131201123348
ガス灯風の照明がありますが暗いので
ライトは必携。
P1030087_convert_20131201123543
寒天橋 天城越えの歌詞に出てくるので
寄ってみましたが普通の橋でした。

寒天橋から先は舗装路に変わりそのまま
国道414へ復帰。
そのままどんどん下っていきます。
P1030092_convert_20131201132816
河津七滝ループ橋をぐるぐる下って
河津温泉郷に入ります。
海岸線まで走り抜けて国道135へ。

伊豆半島東海岸の景色を楽しみながら
下田を目指します。
途中尾ヶ崎ウィングで展望休憩。
P1030093_convert_20131201133425
伊豆大島など伊豆七島の展望が楽しめます。

白浜海岸から緩いアップダウンを越えて
下田港に入りました。
柿崎交差点を左折して玉泉寺に立寄ります。
P1030098_convert_20131201134150
ここは幕末に日本最初の米国領事館が
置かれた場所らしい。
P1030100_convert_20131201134232
牛乳の碑にて
禁制以後初めて牛乳が飲まれた場所らしい。
牛乳好きとしては感謝を込めて記念撮影。
タウンゼント・ハリス偉い!

玉泉寺からすぐの道の駅「開国下田みなと」
へ移動してランチタイム。
今回の目的のひとつ金目鯛を食べます。
P1030104_convert_20131201134854
道の駅にあるお食事処さかなや
P1030103_convert_20131201134958
金目鯛美味しい~!

ランチのあとは後半戦です。
まずは下田市街をうろうろ走ります。
P1030108_convert_20131201135211
ペリー艦隊来航記念碑で記念撮影
P1030110_convert_20131201135339
ペリーロードの風景

下田をあとにし南伊豆を目指します。
国道136から県道16に入り海岸線を走ります。
漁村から漁村へ軽いアップダウンが
繰り返されますが、すでに脚はお疲れモード
でよれよれです。
伊豆半島最南端の石廊崎に到着。
P1030112_convert_20131201140009
まずは深い入江になっている石廊崎漁港へ。
P1030111_convert_20131201140140
我らの地元のヒーロー役行者さんにあいさつ。
かっきーと私の実家の間にある生駒山は
役行者ゆかりの場所がたくさんあります。
P1030113_convert_20131201140455
石廊崎まで移動して太平洋を眺めました。
右は駿河湾、左は相模灘。
遠くに伊豆七島の島影が見えています。
P1030116_convert_20131201140726
正面の平べったい島は新島です。

石廊崎をあとにし、西海岸へ向かいます。
アップダウンをこなして国道136と合流。
いよいよ平坦区間がほとんどない
西海岸の始まりです。

まずは悪名高きマーガレットライン。
登って降りて登って降りての繰り返しです。
妻良港を過ぎたあたりからハンガーノック
状態となりつらい登りとなりました。
波勝崎方面への分岐を過ぎて雲見温泉へ
ダウンヒルします。
P1030120_convert_20131201141501
雲見温泉から富士山が綺麗に見えています。

彫刻ラインに入ってもアップダウンが
続いていきます。
松崎町の市街地に入りコンビニで補給。
力が戻ってきました。
西伊豆町に入り、堂ヶ島を通過。
三四郎島のトンボロを見たかったのですが
今の季節はダメみたいなのでパス。

このあたりからはトンネルが連続します。
だらっとしたアップダウンも続きます。
宇久須港を過ぎてぐんぐん登ると恋人岬です。
P1030122_convert_20131201142745
ゴールドベル
鳴らした者は幸せになれるらしいです。
ほんまか?
メインステージのラブコールベルには
クリート靴では困難なのでパスしました。
まわりは当然カップルばかり。
我らはおっさんふたり。何かがおかしいです。

あとは土肥温泉までほぼ下るのみ。
先ほどの登りで両脚つりましたが
なんとかなりそうです。
今日はいつもにも増してダメダメくんです。
P1030124_convert_20131201144610
途中、夕日に染まる富士山を展望。
今にもつりそうな太ももを誤魔化し誤魔化し
土肥温泉に到着。
P1030127_convert_20131201144723
駿河湾に沈む夕陽を眺めます。

冷えた身体には温泉です。
自転車をクルマに撤収して共同浴場へ。
P1030129_convert_20131201145126
弁天の湯 500円 
P1030131_convert_20131201145317
締めは食事処さくらで夕食です。
P1030130_convert_20131201145406
お刺身定食

そんなわけで、よく遊んだ1日でした。



走行距離 144.77km
高度上昇 2742m

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »