フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 槍ヶ岳 山スキー | トップページ | 雲取山 鴨沢から »

2014年5月 3日 (土)

名栗U字連山トレイル

今回もやはり奥武蔵。
買った地図が「奥武蔵・秩父」なもんで・・
さて、地図を見ながら楽しそうなルートを
探してみます。
すると名栗湖のまわりの山々がぐるりと
一周できそうな感じ。
ネットで情報を調べてみると、トレランの
大会コースにもなっているようです。
タイトルは、名栗U字連山トレイルとのこと。
それでは、そのコースをなぞってみましょう。

早朝に、名栗湖近くの「さわらびの湯」に到着。
ここの第3駐車場は登山者用として開放され
ています。
当然、下山後に温泉に入ることが原則です。

早速、準備して走り出します。
いきなり、急坂のロードで息があがりました。
登りきると有間ダムです。
P1030778_convert_20140503184440
名栗湖の奥に見えている稜線を走ります
P1030779_convert_20140503185047
ダムを渡って白谷橋からトレイルに入ります。
白谷沢沿いに道がつけられていています。
流れを何度か渡りながら高度を上げていくと
谷はゴルジュ状になりました。
P1030782_convert_20140503185301
どこから高巻くのかなとあたりを見ると
なんのことはない、ゴルジュの中に道は
続いています。

途中で林道を渡って、急登すると谷を離れて
平坦路になります。
P1030786_convert_20140503185711
滝ノ平尾根に乗っかったところに岩茸石が
あり。登山道が交差してます。
ここは右に曲がって棒ノ折山を目指します。
P1030788_convert_20140503190033
尾根上の登りが続きます。
権次入峠は三叉路になっていて奥多摩方面
からも登ってこれるようです。
ここは西に向かう尾根に入ります。
P1030789_convert_20140503190510
気持ちの良いトレイルがしばらく続きます。
再び登りになり、広場のようなところに
飛び出るとそこが棒ノ折山のてっぺんでした。
P1030791_convert_20140503190929
棒ノ折山(棒ノ嶺)969m
とても景色のよい山頂です。

引き続き、西へ向かう尾根を行きます。
途中、槇ノ尾山(945m)、クロモ山などを
通りすぎました。
急登が続き、送電線の鉄塔を通り過ぎて
またまた急登。
稜線に出て、左すぐのとこに日向沢ノ峰。
P1030796_convert_20140503192326
日向沢ノ峰(1356m)今回の最高点です。
P1030798_convert_20140503192516
山頂からは富士山が見えていました。
P1030801_convert_20140503192707
こちらは蕎麦粒山方面の展望

山頂をあとにし、少しだけ蕎麦粒山方面に
進むと有間山への分岐があります。
ここからはしばらく下り基調。
細かい階段が出てきます。
右手に林道が並走するようになると
少し登り返して仁田山(1211m)
その先すぐに有間峠があります。
P1030804_convert_20140503193225
名栗湖が遠くに見えています。
おそらく朝一に有間ダムから見えた稜線に
居てるのでしょう。
ここは林道が通っていて以前自転車で来て
秩父に抜けたことがあります。
でも、今日は秩父側が通行止のようで
クルマが何台か来ては引き返していきました。

車道を30mほど歩いてからトレイルに入ります。
尾根を登り返していくとタタラノ頭(1213.5m)
この辺りの山の総称が有間山と言うらしい。
P1030806_convert_20140503193944
有間山付近は快適なトレイルが続きます
P1030807_convert_20140503194044
橋小屋ノ頭(1163m)
ここから急な下りが続きます。
P1030809_convert_20140503194333
尾根上はクルマが通れそうなくらいの広さに
開かれていました。
林道をまたいで、少し登り返すと蕨山です。
P1030810_convert_20140503194511
蕨山(展望台) 
最高点は少し手前にありました。

ここからはなだらかな下りが多くなります。
徐々に高度を下げていきます。
金毘羅尾根と言うらしいです。
藤棚山(920.2m)や大ヨケの頭(771m)など
を通過。
P1030814_convert_20140503195015
金毘羅神社奥ノ院の三叉路を右に下ると
名栗湖が近くに見えてきます。
最後は「さわらびの湯」バス停前に飛び出して
ぐるっと一周完了。
下界は暑い暑い。
温泉で汗を流して帰路につきました。
2014naguri_convert_20140503195730

« 槍ヶ岳 山スキー | トップページ | 雲取山 鴨沢から »

トレラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/56045638

この記事へのトラックバック一覧です: 名栗U字連山トレイル:

« 槍ヶ岳 山スキー | トップページ | 雲取山 鴨沢から »