フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月16日 (土)

第3回外秩父トレイルラン43

関西出身者にとって外秩父ってあまり
ピンとこない地名ですがよく通っている
奥武蔵も外秩父山地に含まれている
とのことです。
いずれにせよ、埼玉に引っ越さなければ
そう接する機会はなかったでしょうね。
今回は、そんな外秩父が舞台のトレラン
大会に出場してきました。
寄居から15個の峠を越えて越生まで
走るコースです。
最初と最後以外は通ったことがある
のでなんとなく楽しそうなコースだと
想像が出来ます。

当日はゴール会場に近い、毛呂駅の
パーキングにクルマをとめて八高線で
寄居駅に向かいました。
早朝なので乗客は少ないですが
トレラン大会に出場するっぽい出で立ちの
人が半数くらいいてはります。

寄居駅のすぐ横にある
寄居町役場前が受付場所です。
Dsc_1290_convert_20150516163637
走る準備をして、荷物を預けてしまうと
何もすることがないのでスタート時間まで
まったり過ごします。
ここ最近はふくらはぎの具合が悪くて
不安が残ります、痛みが出ないこと
を祈るばかりです。

7時45分からブリーフィングがありました。
注意点などもろもろ聞いていよいよ
スタートです。
青空が広がって最高のお天気です。
8時スタート。
まずは波久礼駅まで平地が続きます。
TOPから30~40人くらいのところに
ついて走っているので平均ペースは
キロ4分30秒ちょいくらいでしょうか。
今回はなんとか6時間は切りたいと
たくらんでいるので、まずまずの
走り出しです。
波久礼駅手前で秩父鉄道の線路を
渡り、国道140号の赤信号でストップ。
一般道を通行止にする大会ではない
ので仕方ないです。
ぎりぎり渡れた人たちがどんどん
遠ざかっていき、見えなくなりました。
ここまでで4kmを18分ちょいでした。

信号が青になって再スタート。
荒川を渡ります。
林道に入ると、少しずつ傾斜が
出てきました。
登りになったとたん、ふくらはぎの
痛みが再発。これは、あきません。
ペースダウンです。

最初のエイドの小林みかん山を
過ぎると林道を離れ、トレイルに入ります。
傾斜が強まると痛みも強まります。
登りは騙し騙し歩くしかありません。

稜線まで登ると、尾根通しを進みます。
天気は快晴ですが、トレイルの木陰に
入ると涼しくて良い感じです。
足の痛みで棄権も考えましたが
平地と下りは、走れるので行けるところ
まで行くことにします。

第2エイド釜山神社を過ぎると以前走った
ことのある見知った景色になりました。
登谷山(668m)までは林道を進みます。
景色を見る余裕もなく下りのトレイルへ。
その後は林道とトレイルを交えたコース。
二本木峠を過ぎるとしばらく林道です。
足の痛みでスピードが出せずにどんどん
抜かされていきます。
秩父高原牧場のメーメーハウスを過ぎると
第3エイドです。ここで16.6km。

粥新田峠を通過し、しばらくトレイルが
続きます。
足の痛みさえなければ、快適な道です。
大霧山(766.6m)、旧定峰峠を越えて
行きます。
途中に誘導員がいないので、分岐点で
考え込んでる人もちらほら。

定峰峠は第1関門(5時間)になっています。
ここで、約半分の距離です。
3時間弱で来れているので、大崩れしない
限りは、完走できそうです。
なんとか、最後まで足がもってほしい。

定峰峠からは、急な階段が続きます。
きついですが階段は足をフラットに
置けるので痛みが少なくて良いです。
階段地獄が終わると、傾斜は緩まります。
最後に、逆に急な階段を下って白石峠に
到着。
ここからしばらく、奥武蔵グリーンライン
の林道です。
走れる人たちに追い抜かされていきます。
僕は痛みが悪化しないように我慢の走り。

第5エイド大野峠は第2関門(6時間10分)
ここで3時間50分くらい。
大野峠からは、比較的下りが多くなり
そうでやれやれです。
軽い登りさえも痛みで走れないのは
気持ち的に辛いです。
他の人達も登りは歩いてるので大きく
遅れることはなさそうですが。
刈場坂峠を過ぎて、ツツジ山(879.1m)を
通り過ぎます。
グリーンラインに出たり入ったりしながら
進みます。
飯盛峠からグリーンラインを離れて、
本格的に下りにかかりました。
第6エイドの野末張見晴台で34.3km
あと10kmを切りました。
このエイドではフルーツポンチが
置いてあって美味しくいただきました。

戸神の集落まで下り、ひと山越すと
県道61に出てすぐに最終エイドの
大満農業集落センターです。
第3関門(9時間)にも設定されています。
ここからの最後の登りがなかなかの
急坂で、ふくらはぎに厳しい区間でした。
早く登れないので、後ろから来る人には
どんどん道を譲りました。

尾根まで登りきると、あとはゴールまで
下るのみです。
ゆうパークおごせの建物が見えてきたら
まもなくゴールです。
タイムは6時間20分くらい。
さすがに目標の6時間切りは出来ま
せんでしたが、そんなに大きくも崩れて
なかったようです。
Dsc_1294_convert_20150516163818
くやしいよりも、走りきれてホッとしました。
総合順位は419人中70位を少し切る
くらいでした。
Dsc_1295_convert_20150516163910
ゴール地点でふるまわれた山菜の
天ぷらとそうめんが美味しかったです。
途中のエイドも充実して、運営の方々
に感謝です。

ゆうパークおごせのお風呂で汗を流した
あと、毛呂駅までとぼとぼ歩いて駐車場
に停めてあるクルマに向かいました。
2015sototitibu_convert_201505161641
2015.05.10 43km

2015年5月 3日 (日)

青梅~川苔山

前回、青梅丘陵を走った時に、自宅
から意外にアプローチがお気軽なことに
気づきました。
普段お世話になっている奥武蔵の山域
といい勝負の近さです。

そんなわけで、今回は青梅を起点にして
地域研究がてら、少し縦走してみます。
P1040949_convert_20150502215432
6時前に青梅の永山公園駐車場を出発。
しばらく、林道を走っていきます。
P1040950_convert_20150502215537
途中、青梅市街が見下ろせます。
3kmほど走ると矢倉台に到着しました。
道幅が狭まりトレイルに入ります。
P1040951_convert_20150502215659
走りやすいトレイルが続きますが、
早くもふくらはぎの痛みが再発。
治ってなかったようです。
一気にペースダウンします。
P1040952_convert_20150502220138
アップダウンもそこそこあります。
登りになると、痛みが出て歩きと
同じくらいの速度でしか走れません。
っていうか、歩く方が早い感じ。
P1040956_convert_20150502220650
辛垣城址は通らず、巻いていきます。
途中、ケルンか何かわかりませんが
石が積んでありました。
P1040958_convert_20150502220918
雷電山(494m)のてっぺんです。
ここは北側の展望が開けています。
山頂から、榎峠までは階段が続き
どんどん下っていきます。
下りではあまり足の痛みが出ないので
助かります。
P1040959_convert_20150502221147
榎峠に降り立ちました。
前回のリハビリ走の時より時間が
かかってしまいました。
県道を渡って、少し北側に進むとすぐに
高水山への道標があります。
P1040961_convert_20150502221605
トレイルに入ると急登が続きます。
急になればなるほどふくらはぎが痛い。
先行き不安になります。
P1040963_convert_20150502222003
植林帯の急登です。
登っていくと、なちゃぎり林道に飛び
出ます。
P1040965_convert_20150502222351
少し林道を走ってから再びトレイルへ。
高源寺からの道と合流するとまもなく
常福院不動堂に到着します。
P1040967_convert_20150502223115
山門までの階段です。
金属製の日の丸がかっこいいです。
P1040969_convert_20150502223541
階段を登ると本堂が現れます。
トレイルは、本堂の裏手に続いています。
P1040972_convert_20150502223739
少し登ると高水山(759m)に到着。
見晴らしはいまいちです。
ここまでで、10kmくらいでしょうか。
もう少し先に進みましょう。
P1040973_convert_20150502224309
自然林の中の走りやすいトレイルが
続きます。
P1040975_convert_20150502224429
岩茸石山(793m)に到着です。
見晴らしがよいです。
ここは高水三山のひとつらしいです。
P1040977_convert_20150502224630
これから縦走する方向の景色です
頂上から、いったん下ります。
P1040980_convert_20150502224806
快適なトレイルが多いです。
足さえ痛くなければ・・
P1040982_convert_20150502225008
黒山(842.3m)は三叉路になっています。
ここは左の棒ノ折山方面に向かいます。
P1040983_convert_20150502225234
途中、急坂の標識がありました。
P1040984_convert_20150502225435
権次入峠で名栗方面からの道と合流
広々した尾根を進むと棒ノ折山に到着。
P1040985_convert_20150502225748
棒ノ折山(969m)は北側の展望が
開けています。
棒ノ嶺とも呼ばれているようです。
ここまでで15kmくらい走りました。
足の様子を見ながら、もう少しだけ
進んでみることにします。
最初のうちは、走りやすいトレイルが
続きます。
P1040988_convert_20150502230205
気持ちの良いトレイルですが
足の痛みでペースは上がりません。
槇ノ尾山(945m)を通り過ぎ
長尾ノ丸の頂上は巻いていきます。
しばらく進むと、急登が続くようになります。
P1040989_convert_20150502230612
途中、痩せ尾根も何度か出てきます。
林道のトンネル上を過ぎるとまたまた急登。
ひーひー言いながら登りきると緩やかな
尾根に飛び出ました。
左に少し進むと日向沢ノ峰です。
P1040992_convert_20150502230946
日向沢ノ峰(1356m)ひなたさわのうら
と読むようです。
飯能市の最高峰とのことです。
ここで20kmくらいです。
今日のところはこのあたりで縦走路から
撤退にかかります。
ふくらはぎの具合もそろそろダメです。
P1040995_convert_20150502231558
川苔山経由で鳩ノ巣駅を目指します。
急坂を下りきると、踊平に降り立ちます。
P1040997_convert_20150502231828
足さえ痛くなければ、快適そうな
トレイルが続きます。
P1040999_convert_20150502232027
川苔山が近づいてきました。
メジャーな山だけあって登山者も多いです。
P1050002_convert_20150502232318
川苔山(1363.2m)のてっぺんに到着。
広々としていて展望も良いです。
ここからは下るのみです。
P1050005_convert_20150502232617
植林帯のよく踏まれたトレイルを
走っていきます。
下りはのんびりペースだと走れるので
助かります。
ひたすら下っていくと、林道に出ました。
少しだけ林道を走りトレイルに戻ります。
P1050007_convert_20150502232906
大根ノ山ノ神の祠の前を通り過ぎると
下りの傾斜が強まります。
P1050008_convert_20150502233141
どんどん下っていくと、熊野神社に
到着しました。
ここからは、舗装された民家の路地を
行きます。
すぐに鳩ノ巣駅に到着。
休憩する間もなく、青梅行きの列車が
到着しました。
飛び乗って、青梅駅まで移動します。
駅からは、永山公園まで歩いて
登っていきます。
スタート地点の駐車場に着いて本日の
行程は終了です。
この山域も楽しかったです。
奥武蔵に比べて奥行きがありますね。
次回は雲取山あたりまで行きたいなあ。
2015kawanori_convert_2015050223
2015.04.29  29.32km

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »