フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« SPA TRAIL 2015 | トップページ | 鳳凰三山周回 »

2015年7月20日 (月)

西沢渓谷ぐるり

海の日連休です。
ちょうど雁坂トンネルが無料キャンペ
ーン中との事なので、コースガイドで
気になっていた西沢渓谷ぐるりコース
を走りに行ってきました。

夜中の0時頃に西沢渓谷入口駐車場
に到着。3時間ほど仮眠します。
今日は午前中は晴れますが、午後は
雨が降る予報とのことです。
なので、早めの4時すぎに出発しました。

まずはヘッドライトの明りを頼りに
林道を走っていきます。
このあたりは、沢登りで2回来た事が
あるので知った道です。
途中の公衆トイレでトイレ休憩。
さらに少し走ると閉鎖中の西沢山荘が
あります。

ここから、遊歩道に入ります。
東沢と西沢の二俣のところで吊橋を
渡ります。
以前来たときは、東沢に向かったので、
ここからは初めての道です。
西沢は綺麗な渓谷のはずなのですが
夜明け前なので暗くて景色が見えません。

P1050052_convert_20150720154416
滝のごぉーって音がだけが鳴り響いてます。
たぶん、明るかったら綺麗な滝のはず
P1050054_convert_20150720154709
遊歩道は水際につけらているので、
大雨の影響で一部冠水していました。
それでも遊歩道を進んで行くうちに、だんだん
明るくなってきた。うれしいです。
P1050062_convert_20150720155131
方丈橋で対岸へわたりました。
P1050064_convert_20150720155439
これは有名な七ツ釜五段の滝です。
今日は水が多くて豪快。
P1050072_convert_20150720155714
五段の滝上部です。優雅な感じです。
この滝上で遊歩道は渓谷から離れます。
少し登ると、軌道跡に出ました。
P1050082_convert_20150720155947
ここは黒金山登山口で、トイレもあります。

黒金山登山道に入ると、いきなり急登が
続きます。
P1050083_convert_20150720161111
ひーひー言いながらの登り。
風邪気味で体調も万全ではないので堪えます。
紅葉台まで登ると少し傾斜は緩まりホッとしました。
P1050084_convert_20150720161203
それでも、時折急斜面を交えながら
登りが続いていきます。
P1050085_convert_20150720161430
目指す方向に黒金山が見えてきました。
登山道はいつしか尾根上を進むようになります。
傾斜が緩くなったので、走れるところは走ります。
しばらく進むと牛首ノタルと言う笹原にでました。
P1050094_convert_20150720162018
遠くに富士山も見えています。
ここからはひと登りで、黒金山(2231.8m)
に到着。
北側の展望がひらけています。
P1050097_convert_20150720162628
遠くに見えるはこれから目指す、国師ヶ岳

P1050099_convert_20150720162940
こちらは今から、通る尾根です。
あまり特徴的には見えません。
P1050101_convert_20150720163128
頂上を後にし乾徳山方面に少し下ると、分岐が
あります。ここは大ダオ方面に向かいます。
P1050103_convert_20150720163444
広い尾根で、道は不明瞭ですが、
ピンク色のテープを外さなければ大丈夫そう。
P1050107_convert_20150720163709
大ダオは笹原で気持ちの良い場所でした。
まだ先は長いです。どんどん進みましょう。

笹で道が不明瞭なのと迷路のような
倒木帯で距離以上に時間がかかります。
P1050108_convert_20150720164802
ゴトメキ(御止木)に到着
樹林に囲まれて展望はありません。
変わった地名で由来が気になります。

緩やかな下りを走っていくと林道に
飛び出ました。
P1050110_convert_20150720170727
ここは白檜平とのこと。
ちょうど出勤の時間帯なのか、作業車が
数台通過していきました。
林道を横断し石楠花新道に入ります。
ここからは、登りが続きます。
P1050111_convert_20150720171246
最初は緩やかな登りですが、どんどん
傾斜が強まってきました。
P1050112_convert_20150720171359
倒木帯の通過もあります。
奥千丈岳(2409.6m)はいつのまにか
通過していました。

P1050118_convert_20150720171811
北奥千丈岳(2601m)に到着。
奥秩父山塊の最高峰のわりにメジャー
感は薄いですが、展望はよいです。
P1050113_convert_20150720172305
てっぺんから金峰山方面の展望
頂上から少し下ると、奥秩父主脈に出ました。

東へ進み、少し登ると国師ヶ岳(2591.9m)
に到着。
P1050120_convert_20150720172834
こちらの頂上はメジャー感たっぷりで
登山者も多いです。
ここからしばらく下り基調となります。
P1050121_convert_20150720175156
地形も穏やかな感じです。
国師のタルを過ぎるとアップダウンを
繰り返して進んで行きます。
P1050122_convert_20150720175709
東梓(2271.8m)は展望がありません

P1050123_convert_20150720180018
さすが主脈です。快適な縦走路が続きます。

P1050126_convert_20150720180239
両門の頭付近の岩壁から東沢方面を
見下ろします。

P1050129_convert_20150720180726
甲武信ヶ岳(左)が近づいてきました。

千曲川方面への分岐を通り過ぎて
登り返すと甲武信ヶ岳(2380m)に到着。
P1050131_convert_20150720181202
日本百名山だけあって、たくさんの人が
登ってこられてました。

P1050133_convert_20150720181430
少しくだると甲武信小屋があります。
ここから、戸渡尾根の下りです。

P1050134_convert_20150720181818
しばらく、急な下りが続きます。
この頃にはだいぶ疲れていて、なんか
ヨレヨレです。
最後まで、体調がいまいちでした。
天気も急速に悪化してきたようです。
徳ちゃん新道に入る頃には、予報通り
雨が降ってきました。

だいぶ下り、後半になるとようやく走りやすい
道に変わりました。
P1050136_convert_20150720182111
だらだらと走り下って、西沢山荘横に
降り立ちます。
あとは、駐車場までジョギングで戻ります。
距離の割には、なんか疲れました。
体調の問題もあったのかな。

コース自体は、バラエティーに富んでいて
楽しめる内容です。
軽快に走れる区間が少なかったですが。
2015nishisawa_convert_2015072018294
2015.07.19 33.2km

« SPA TRAIL 2015 | トップページ | 鳳凰三山周回 »

トレラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/60817215

この記事へのトラックバック一覧です: 西沢渓谷ぐるり:

« SPA TRAIL 2015 | トップページ | 鳳凰三山周回 »