フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 第50回青梅マラソン | トップページ | 名栗周回 »

2016年2月29日 (月)

奥武蔵プチ周回 2

先々週に続き、奥武蔵をくるっとプチ周回
してみます。
今年の奥武蔵は2月なのに雪が
ほとんど残ってなさそうな感じですが
念のため、あまり奥の方には行かず
浅めなところを走ってみましょう。
P1050705_convert_20160228175351
今回は鎌北湖の奥にある駐車場に
クルマを置いて出発しました。

走り出してすぐに、奥武蔵グリーンライン
方面の道を左に分けます。
阿諏訪林道方面を直進すると、民家が
点在している中を進むようになります。
P1050707_convert_20160228190911
しばらく進むと分岐がありユガテ・東吾野
方面に進みます。
P1050709_convert_20160228191220
舗装が終わり、少し進むと左にトレイルの
入口があります。
P1050712_convert_20160228191448
まずは谷沿いをよろよろ登って行きます。
朝一の登りは疲れます。
別に朝一じゃなくても疲れるのですが。
そのうち谷から離れて、尾根に乗っかると
ほどなくエビガ坂です。
P1050713_convert_20160228191759
エビガ坂に到着
ってエビガ坂って何?どれ?
何度も通っていますが、いまだにどれが
エビガ坂か特定できていません。
そのまま尾根沿いを進みます。
朝が早いからか、他の登山者は見当たり
ません。
P1050716_convert_20160228192415
しばらく進むとこんな感じで、グリーンライン
と並行してトレイルが続くようになります。

越生に下る林道笹郷線を横断すると
走りやすいトレイルに変わりました。
P1050719_convert_20160228192921
こんな感じ
P1050720_convert_20160228193038
または、こんな感じ
快適に走っていくと、越上山への分岐が
あります。
いつも素通りばかりですが、今日は特に
急ぎの用もないので登ってみます。
P1050723_convert_20160228193338
越上山(566.5m) 
「おがみやま」って読むらしいです。
展望もなく、ひっそりとした頂上でした。
P1050724_convert_20160228193717
再び縦走路まで下って、快適なトレイルを
走っていきます。
P1050725_convert_20160228193824
今日は靄っていて見えません。
ここはスカイツリーより低い場所とのこと。
この看板を過ぎるとすぐに諏訪神社に到着。
P1050726_convert_20160228194028
お参りしてから先に進みます。

引き続き快適なトレイルを進んでいくと
グリーンラインに飛び出ました。
そのまま少し、車道を進むと顔振峠です。
朝早いので茶屋はまだ開店前でした。
P1050733_convert_20160228194307
このあたりは日当たりが良いので
梅や桜がいい感じ。
P1050734_convert_20160228194441
春ですわね~
しかし、このあたりから目がかゆいし
鼻水が垂れてきます。
どうやら花粉にやられ始めたようです。
グリーンラインからいったん離れ、八徳
高山不動尊方面に下っていきます。
P1050735_convert_20160228195639
この下りも快適な区間です。
しかし、まわりは杉の植林です。
花粉があああ。
P1050738_convert_20160228195856
集落から集落をつなぐ道なので
よく整備されています。
車道に出るとそこは八徳の集落です。
集落を抜けて高山不動尊への登り返しに
かかります。
P1050743_convert_20160228200149
この登りが今回一番きつい区間でした。
P1050745_convert_20160228200406
前回通った時は、トレランの大会で真夜中
だったので地形がまったく見えないキツさが
ありましたが、明るくてもキツいのに変わり
ありませんでした。
ひーひー言いながら尾根まで登りきり、
下りにかかります。
P1050746_convert_20160228200838
車道に出たところは高山不動尊の近く。
たしかここは吾野から自転車で登った時
にもがき苦しんだ激坂のあたりです。
P1050748_convert_20160228201414
高山不動尊の方へ進むと小学校跡があり
ました。昭和41年に廃校になったそうです。
あまりに立地が山の中のすぎてびっくりです。
P1050750_convert_20160228202122
高山不動尊
この急な階段を登ります。
P1050751_convert_20160228202547
高山不動尊からさらに登っていきます。
グリーンラインを横断し、まださらに登ります。
P1050754_convert_20160228203058
登りきると関八州見晴台(771.1m)に
到着しました。
ここで、残雪が残ってないなら奥武蔵は
どこでも大丈夫でしょう。2月ですが春です。
景色を楽しみながら、少し休憩します。
遠くの景色は残念ながら靄ってました。
P1050757_convert_20160228205320
この山域では、武甲山が一番目立ちます。
あのあたりは、まだ雪がありそうな感じ。

ここからはグリーンライン沿いのトレイルを
戻っていきます。
花立松ノ峠、傘杉峠などを通過して行きます。
P1050763_convert_20160228205638
顔振峠まで戻ってまいりました。
ここからしばらく来た道を戻っていきます。
諏訪神社を通り過ぎ、林道笹郷線を横断し、
鼻曲山方面への分岐から少し進んだ
ところに獅子ヶ滝へ下る分岐があります。
帰りはこの道を通ることにします。
十二曲りと呼ばれてる道でしょうか?
走りやすい道をどんどん下ると送電線の
鉄塔に出ました。
さらに下り、谷沿いを行くようになると
車道に飛び出ます。阿諏訪林道のようです。
鎌北湖へは、登っていくのですが、
せっかくなので獅子ヶ滝に立寄ってみます。
P1050772_convert_20160228210245
獅子ヶ滝です。 腰折れ3mくらい
ここからは阿諏訪林道を登り返します
急な登り坂です。ひーひー言いながら
登って行くとだんだん緩やかになり下りに
転じました。そのまま少し下ると、舗装に
変わり集落が出てきます。往路に通った
道が合流しどんどん下ると鎌北湖に到着。

完全な周回ではありませんでしたが
走れるところも多くて楽しく回れました。
しかしこの時期は花粉がつらいです。
2016takayama_convert_20160228211111
2016.02.28 20.8km

2016takayama3
累積上昇高度 1286m

« 第50回青梅マラソン | トップページ | 名栗周回 »

トレラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/64190020

この記事へのトラックバック一覧です: 奥武蔵プチ周回 2:

« 第50回青梅マラソン | トップページ | 名栗周回 »