フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 奥武蔵プチ周回 2 | トップページ | 練馬こぶしハーフマラソン2016 »

2016年3月 9日 (水)

名栗周回

前回、前々回と奥武蔵の浅いとこらへんを
まわってみましたが、今年は雪が少なそう
なので、もう少し深いところへ行ってみます。

今回は名栗の「さわらびの湯」を起点にして
旧名栗村をくるっと周回してみましょう。
当日はクルマを「さわらびの湯」第3駐車場
にとめました。
P1050774_convert_20160305203803
この駐車場は下山後に入浴することを
前提で早朝登山者に開放されています。

まずは竹寺を目指すので車道を河又方面
に下っていきます。
P1050777_convert_20160305204458
河又名栗湖入口の交差点(標高240m)
を左折し、入間川沿いを走ります。
お天気はくもりで、景色はいまいちです。
入間川沿いを500mほど走ったあと、
仁田山峠に登る林道に入ります。
P1050778_convert_20160305204743
林道に入るとぐいぐい登らされます。
朝一の登りは調子が出ません。
歩きと変わらないペースでよれよれ
走っていきます。
P1050780_convert_20160305210849
仁田山峠(399m)に到着しました。
ここからトレイルに入ります。
P1050782_convert_20160305211958
トレイルに入ってからもぐいぐい登ります。
さっそく歩きが入ってしまいました。
っていうか走れません。
P1050783_convert_20160305212123
傾斜が落ち着いた頃、送電線の下を進む
ようになります。
引き続きアップダウンはあります。
P1050785_convert_20160305212527
ここで送電線とお別れ。
この先で小殿バス停からの道と合流します。
P1050789_convert_20160305212850
小殿バス停からがメインの道なのか、
ずいぶんと走りやすいトレイルになりました。
P1050794_convert_20160305213038
すぐに竹寺(490m)に到着。
茅の輪と鳥居があります。
お寺なのか神社なのか謎です。
P1050796_convert_20160305213425
本殿の牛頭天王宮です。

さてお次は、子の権現を目指します。
このあたりは走りやすい道が多いです。
P1050799_convert_20160305213702
豆口峠 小屋は「神送り場」とのことです。
P1050800_convert_20160305214015
神送り場の案内板がありました。

どんどん進みましょう。
P1050801_convert_20160305214149
走りやすい道もあれば、こんな登りも
あります。
P1050804_convert_20160305214311
子の権現(640m)に到着しました。
境内右手の大わらじが目立っています。
足腰の神様ってことで、しっかりお参り
しときます。

さて、ここからは伊豆ヶ岳までお馴染みの
縦走コースです。
まずはアップダウンをこなして天目指峠へ。
P1050805_convert_20160306215409
天目指峠【あまめざすとうげ】(490m)です。
ここで林道を横断します。

さて、ここからはアップダウンはあるものの
ぐんぐん高度を上げていきます。
P1050806_convert_20160306215746
走りやすい区間もあります。
P1050807_convert_20160306215900
しかし、基本ぐいぐい登ります。
P1050811_convert_20160306215953
途中、なんの塔かわからんものもあります。
P1050814_convert_20160306220349
高畑山(695m)を通過すると、古御岳
(830m)が見えてきました。

古御岳の急斜面を登りきると、伊豆ヶ岳
はすぐ近くです。
いったん下り、急坂を登り返すと頂上です。
P1050818_convert_20160306220738
伊豆ヶ岳(850.9m)に到着しました。
ハイカーの方が何組かおられました。
P1050820_convert_20160306220859
頂上は細長い感じです。
少し休憩して、補給食を摂ります。
P1050821_convert_20160306221042
お次は頂上から少し戻り、山伏峠方面に
下ります。
10分も下ると車道が見えてきました。
P1050825_convert_20160306221323
山伏峠(609m)に降り立ちました。
出発してから13.1km
ようやく前半戦が終了です。

道路を渡り、登り返していきます。
P1050828_convert_20160307222117
植林帯をひたすら登ります。
まだ気温が低く、花粉の影響がないので
たすかります。
P1050829_convert_20160307222307
途中、立派な林道を横断します。
P1050830_convert_20160307222429
前武川岳(1003m)で名郷からの道と合流。
少し下り、登り返すと武川岳に到着です。
P1050833_convert_20160307222718
武川岳(1051.7m)の頂上にはベンチも
ありました。
展望はガスが出ていて見れませんでした。
頂上から妻坂峠までいったん急下降します。
P1050836_convert_20160308212849
急坂を下りきり、来た方を振り返ります。
P1050838_convert_20160308213031
妻坂峠(833m)に到着しました。
峠にはお地蔵さまが鎮座されていました。

ここから、大持山方面へ登り返します。
ここもなかなか登り応えのある道でした。
P1050840_convert_20160308213925
ひーひー言いながら登ります。
ひっそりとした山域かなと思っていましたが
ハイカーの方もけっこう見かけました。
P1050842_convert_20160308214603
稜線まで登りきると青空が見えてきました。
少し北側に登ると大持山の頂上に到着です。
P1050846_convert_20160308214809
大持山(1294.1m)から奥秩父方面の山々
が見渡せます。
ここから来た道を戻り南へ縦走していきます。
自然林の気持ちの良い尾根ですが
アップダウンが多くて疲れます。
P1050850_convert_20160308215100
走れるところもありますが、朝からアップ
ダウンばかりなのでさすがに疲れてきました。
P1050853_convert_20160308215323
名郷方面への分岐があるウノタワを
通過します。残雪もあります。
P1050856_convert_20160308215537
鳥首峠(930m)を通過します。
P1050857_convert_20160308215946
峠の少し先から来た方を振り返った景色です。
P1050859_convert_20160308220128
この辺りから、やせ尾根や急坂が続きます。
すると突然右側が伐採され、開けた場所
に出ました。
右手にはずっと柵が設けられています。
P1050866_convert_20160308220437
こんな感じで、開けた地形になっていて
奥秩父の展望が楽しめます。
しかしアップダウンは多いです。
P1050869_convert_20160308220613
有間山の橋小屋ノ頭(1163m)まで登ると
あとは下り基調になります。
まずは逆川乗越まで急下降。
乗越から登り返して蕨山を目指します。
P1050872_convert_20160308220918
このあたりも、まだ少し雪が残っていました。
P1050873_convert_20160308221009
蕨山の展望台(1033m)に到着です。
蕨山最高点はこの少し手前にありました。
ここから金比羅尾根の快適な下りが
続きます。
しかし、気温が上がって花粉の影響が
出始めました。
P1050877_convert_20160308221401
足が疲れていて、ペースは上がりませんが
気持ち良く走れる区間です。
P1050878_convert_20160308221532
金比羅神社奥ノ院の分岐は河又方面に
下ります。
車道が近づいてきて、クルマのエンジン音が
聞こえてきました。
どんどん下って行くと名栗湖への車道に
出ます。「さわらびの湯」の駐車場までは
ここからすぐです。
P1050881_convert_20160308221859
駐車場に戻って周回完了です。
アップダウンが多くて距離以上に疲れま
したが、楽しく一周できました。

2016naguri_convert_20160308222207
2016.03.05 30.48km

2016naguri2
累積上昇高度2664m

« 奥武蔵プチ周回 2 | トップページ | 練馬こぶしハーフマラソン2016 »

トレラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1926238/64295490

この記事へのトラックバック一覧です: 名栗周回:

« 奥武蔵プチ周回 2 | トップページ | 練馬こぶしハーフマラソン2016 »