フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年5月

2016年5月 7日 (土)

大菩薩峠

せっかくのゴールデンウィークなので1日
くらいは遠出したいと思い、久しぶりに
大菩薩峠に行くことにしました。
サークルメンバー3人で早朝の中央道を西へ
向かいます。
大月ICから松姫トンネルを抜けて小菅村まで
移動し、道の駅こすげ(標高730m)に到着。

まだ6時前ですが、さっそく走り出します。
早朝の山間部は肌寒いですが、走ると
ちょうど良い感じの気温です。
まずは小菅川まで車道を下っていきます。
1462607635899_convert_2016050717002
小菅川にかかる鯉のぼり。
そういえば今日は5月5日です。

小菅川(標高650m)を渡り、信号を左折します。
そのまま大菩薩峠方面へ車道を走ります。
P1050937_convert_20160507121144
しばらくは舗装の登り坂が続きます。
P1050938_convert_20160507121339
そのうち、ダートになり山の中の風景に
変わってきました。
新緑が美しい季節です。
途中にある白糸の滝に立寄ってみます。
滝へは林道を離れ、少し坂を登って行きます。
P1050940_convert_20160507121713
白糸の滝 36mあるらしいです

林道に戻り、大菩薩峠を目指します。
ダートの林道をのんびり走っていくと
大菩薩峠登山口に到着しました。
Dsc_0696_convert_20160507170312_2
大菩薩峠 登山口(900m)
ここからトレイルに入ります。
最初は谷沿いの道をいきます。
Dsc_0697_convert_20160507170634
整備された走りやすいトレイルが続きます。
P1050945_convert_20160507131336
大菩薩峠と言えば、ほとんどの人が反対側の
上日川峠から登ってくるので、小菅村側は
静かな山が楽しめます。
1462607680935_convert_2016050717104
日向沢登山口からの道と合流すると
沢沿いから離れて、山腹をトラバースする
ように登っていくようになりました。
P1050952_convert_20160507131734
丹波山方面からの道と合流するフルコンバに
到着。雲取山方面の見晴らしが良いです。
ここから少し登って行くと大菩薩峠に到着。
P1050953_convert_20160507131943
大菩薩峠(1897m)
ここからいっきに登山客が増えました。
Dsc_0724_convert_20160507171906
峠から大菩薩嶺方面に向かいます。
風が強いですが、お天気がよくて気持ち
がいいです。
Dsc_0732_convert_20160507172120
富士山も美しい姿を見せています。
Dsc_0735_convert_20160507172327
甲府盆地を挟んで南アルプスの展望。
1462607780968_convert_2016050717130
大菩薩嶺(2056.9m)に到着。
残念ながら樹林帯の中で展望はありません。
ここで軽くランチタイムにしました。
山の中で食べるおにぎりは美味しいです。

大菩薩峠までは来た道を戻ります。
上日川峠方面からはまだまだたくさんの人が
登ってきてます。
帰りは牛ノ寝通り経由で下るので、いったん
石丸峠を目指します。
P1050965_convert_20160507133103
樹林帯を登り返し、笹原に変わると眼下に
石丸峠が望めます。
Dsc_0742_convert_20160507172542
解放感のある石丸峠から少し登り返すと
主稜線と別れ、牛ノ寝通りに向けて下る
ようになります。
P1050970_convert_20160507133335
最初のうちはどんどん高度を下げるように
つづら折れの下りが続きます。
1462607736031_convert_2016050717152
榧尾ノ山(1429.4m)を通過するあたりから
走りやすいトレイルに変わりました。
Dsc_0747_convert_20160507172735
牛ノ寝通りを快適に走ります。
松姫峠方面への道をわけて、小菅の湯方面
に下って行きます。
Dsc_0749_convert_20160507173031
こちらの道も快適です。
モロクボ平で川久保方面への分岐を通過。
P1050976_convert_20160507134232
急な樹林帯の斜面をつづら折れで下り
小橋を渡ると、小菅の湯も近いです。
P1050978_convert_20160507134356
道の駅「こすげ」に戻ってきました。
小菅の湯に浸かって汗を流します。
Dsc_0750_convert_20160507174015
最高のお天気の中、楽しい山旅ができました。
2016daibosatu_convert_2016050713475
2016.05.05 28.7km

2016daibosatu1
累積上昇高度1967m

2016年5月 4日 (水)

飯能越生試走 その1

サークル仲間がその場の勢いでトレニック
ワールド飯能・越生にエントリーしたので
試走のエスコートをすることに。
今回はコース前半部分をトレースするので
舞台は飯能アルプスです。
飯能駅に集合してからスタート地の能仁寺に
移動します。
P1050909_convert_20160504124152
能仁寺の山門前から走り出して西武鉄道の
高架をくぐり、いったん国道299に出ます。
コース表を見ながら国道を250mくらい走り
脇道に入りました。
P1050912_convert_20160504124944
すぐに西武鉄道の車両基地を通過します。
P1050911_convert_20160504125716
何かのアニメのラッピング車両。
わざわざ写真を撮りにきている人がいた
ので気になりましたが結局何のアニメか
わからず後にします。西武沿線はアニメとの
コラボが多いです。
Received_1060869587321863
再び西武鉄道の線路を越えるとダートに
変わりました。
緩い登り坂を越えて武蔵台の住宅地手前
からトレイルに入ります。
P1050915_convert_20160504130855
少し登って行くと多峯主山(270.8m)に到着。
頂上からは飯能市街地が見下ろせます。
大会当日は通過するだけでしょうから
今日は景色を楽しみながら進みます。
頂上からの下りは少しわかりにくい箇所に
なりますが当日は案内板があるでしょう。

アップダウンをまじえながら永田台の
住宅地方面に向かいます。
車道に降り立ち、そのまま車道を少し
登ると飯能アルプスの入口があります。
Received_1060869720655183
飯能アルプス入口で記念撮影。
トレイルに入るとすぐに階段が始まります。
ここからは、ひたすらアップダウンです。
Received_1060869687321853
住宅地やゴルフ場を横目に見ながら進みます。
Received_1060869730655182
アップダウンの繰り返しできつい区間ですが
やはり山は楽しいです。
Dsc_0660_convert_20160504134447
車道に出たところが東峠です。
次のトレイルの入り口は少し南側に下った
ところにあります。
ここから、天覚山まで登りかえしていきます。
Received_1060869827321839
天覚山(445.5m)に到着しました。
この後もアップダウンは続きます。
さすが、飯能アルプスです。
P1050922_convert_20160504133258
次の目的地の大高山が見えてきました。
普段あまり他の登山客を見かけない
静かな区間ですが、ゴールデンウィークって
ことで何組かのハイカーやランナーと
すれ違いました。
P1050923_convert_20160504133724
大高山(493m)に到着です。
Dsc_0667_convert_20160504134603
新緑が美しいです。
本日の登りはこれで終了。あとは下る
のみです。
Dsc_0669_convert_20160504134701
途中、足場の悪い場所もあります。
下りきると林道に降り立ちます。
大会のコースはここから吾野駅方面に
下っていきます。
我々も飯能アルプスを離れて下ります。
まずは舗装された林道をどんどん下って
いき、途中の分岐は左に進みます。
林道が蛇行した先でダートの林道が
別れているので、そちらに入ります。
Received_1060869937321828
しばらく走ると吾野の住宅地に降り立ち
ました。
大会では、このまま顔振峠を目指して
登りかえしていくのですが、本日の試走は
ここで終了。我々は吾野駅に向かいます。
Dsc_0672_convert_20160504140017
吾野駅から電車で飯能駅まで戻り本日の
行程は終了です。
あらためて飯能アルプスは練習するには
良い場所に思えました。
2016hanno_convert_20160504140847
2016.05.01 17.3km
2016hannou1
累積上昇高度955m

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »