フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月14日 (日)

鳳凰三山周回

先週に続き、今週も南アルプスへ。
鳳凰三山は昨年も登っていますが
今年はよりコンパクトに周回するコースに
します。
当日、ランニングサークルの仲間4人で
青木鉱泉へ向かいました。
3時半頃に青木鉱泉の駐車場に到着。
出発準備をして、4時過ぎにスタート。
Received_510506362477789_convert_2
青木鉱泉(1090m)の前を通って、
ドンドコ沢ルートで地蔵岳を目指します。
Received_1128909040517917_convert_
夜明け前なので最初はライトの灯りを頼り
に走ります。
Received_510506405811118_convert_2
少しづつ明るくなってきました。
最初のうちは走れる場所も多いですが
沢を横断したり、暗いとルートが不明瞭
な場所もあります。
途中、登山道から離れて南精進ヶ滝を
見に行きます。
Received_1128909120517909_convert_
南精進ヶ滝の手前で日の出を迎えました。
やっぱり山は朝が気持ち良いです。
Received_510506332477792_convert_2
南精進ヶ滝の展望所に到着。
なかなか豪快です。
Received_1128909117184576_convert_
滝をバックに滝踊りで記念撮影
登山道に戻り、次は鳳凰ノ滝を見学します。
道標や目印はあるのですが、途中で
不明瞭な部分があります。
Received_510506352477790_convert_2
支谷の滝と合わせて翼のように見えます。
まさに鳳凰ノ滝です。
しばし見学したのち登山道に戻りました。
登山道はひたすら急登が続きます。
Received_1128909070517914_convert_
とにかく目の前の登りをこなしていくのみ。
Received_510506285811130_convert_2
白糸滝 ちょっと遠くて迫力不足か
登山道に戻り引き続き急登をこなします。
Received_510506275811131_convert_2
たまに平坦区間で走れるところもあります。
五色滝への分岐に従って、谷沿いの道に
入ります。
Received_510506265811132_convert_2
行く手に五色滝が見えてきました。
美しい滝です。
Received_510506272477798_convert_2
滝に虹が架かっていました。
これで滝巡りは全て終了です。
登山道に戻って地蔵岳を目指します。
五色滝の滝上あたりまで登ると急登も
いったん治まります。
Dscn0159_convert_20160814163859
久しぶりに走れるトレイルです。
Dscn0168_convert_20160814164028
地蔵岳のオベリスクも見えてきました。
Dscn0169_convert_20160814164129
ドンドコ沢は源流の雰囲気で穏やかな
渓相に変わっています。
沢筋を離れ、ひと登りで鳳凰小屋に到着。
Dscn0172_convert_20160814164344
鳳凰小屋はお客様を送り出したあとで
静かな雰囲気でした。
ここで、水を補給できます。
小屋を出発すると、樹林帯の急登です。
ひーひー言いながら登っていくと
明るい白砂に変わり正面に地蔵岳が
見えてきます。
Dscn0179_convert_20160814164710
相変わらず急登ですが、樹林帯を抜け
だして明るい雰囲気になります。
Dscn0180_convert_20160814170134
もうすぐ地蔵岳です。
しかし白砂の急登がなかなかきついです。
Dscn0183_convert_20160814170321
地蔵岳の賽の河原に到着。
お地蔵さんの向こうに先週登った
甲斐駒ケ岳が見えています。
Dscn0195_convert_20160814170505
甲斐駒をバックにアルペン踊りで登頂祝い。
景色を楽しんだあとは縦走に移ります。
Dscn0190_convert_20160814170754
次に目指す観音岳が見えています。
少しアップダウンがあるようです。
観音岳の後ろに富士山が見えています。
Dscn0204_convert_20160814171008
北岳を眺めながらのランニング。
とてもシアワセです。
Dscn0209_convert_20160814171133
地蔵岳をバックに快走中
Received_1069574589795644_convert_
観音岳(2840.4m)に到着しました。
今回の最高地点です。
Received_1128909617184526_convert_
白峰三山をバックに記念撮影。
最高の展望を楽しみながらランチタイム。
Dscn0216_convert_20160814171918
次に向かう薬師岳へは大したアップダウン
はありません。
Dscn0228_convert_20160814172117
観音岳をバックに激走中。
Dscn0229_convert_20160814172234
最高のロケーションの中を快適に走ります。
あっという間に薬師岳に到着しました。
Received_1128909777184510_convert_
薬師岳(2780m)のてっぺんでもアルペン
踊りをさあ踊りましょう。
信号機カラーでぐるぐる回りました。
楽しかった鳳凰三山縦走もここでおしまい。
ここから、中道で青木鉱泉まで急下降です。
下り始めるとすぐに樹林帯に入りました。
Dscn0233_convert_20160814173641
展望もなく、ひたすら下る効率性だけを
追い求めたような道です。
Dscn0235_convert_20160814173851
御座石  たんなる大岩でも景色に変化が
あってうれしいです。
下って行くうちに傾斜が緩まることが多く
なってきました。
Dscn0239_convert_20160814174121
快適に走れるトレイルが出てきます。
途中林道を横断すると、つづら折れの
下りに変わります。
下りきったところに小屋があり、すぐに
林道に出ました。
Received_1128909843851170_convert_
あとは青木鉱泉まで林道を走るのみです。
今回はお天気に恵まれて、最高の景色の
中を走れました。
あの景色が見れるなら、急登や急下降は
たいした事ではありません。
また来たいコースです。
2016houou_convert_20160814181321
2016.08.06 16.6km
2016houou1
累積上昇高度2344m

甲斐駒黒戸尾根

暑いのは苦手なので、夏はやはり標高の
高い山に行きたいです。
大阪に住んでいる時は比較的北アルプス
が近かったのですが、埼玉からだと南アル
プスがアプローチしやすくて便利。
なので、今回は南アルプスの甲斐駒ケ岳
に登ってみます。
黒戸尾根から頂上往復コースです。

登山口の竹宇駒ヶ岳神社の駐車場には
午前3時過ぎに到着。
少し仮眠をして、4時半頃に出発しました。
今回はランニングサークル仲間のKさん
と一緒です。
003_convert_20160814110217
まだ薄暗い林道を、のんびり下っていくと
竹宇駒ヶ岳神社(標高770m)に到着しました。
すぐに吊橋で尾白川を渡ります。
006_convert_20160814103921
空はだいぶ明るくなってきました。
黒戸尾根と言えば、日本三大急登の
ひとつに数えられている尾根です。
8kmちょっとの距離で2200m以上登ら
なくてはならないとのこと。
だいぶ前に、黄蓮谷へ沢登りに来た
時以来なので、どんなところか記憶が
曖昧です。

吊橋を渡り、尾白川渓谷の散策路を
わけると急登が始りました。
朝一の急登は心拍が上がって苦しいです。
Kさんもペースが上がらないようです。
010_convert_20160814110330
横手からの登山道との分岐点です。
013_convert_20160814110624
急登ばかりではなく、時々走れるところも
出てきます。
014_convert_20160814110753
尾根の下部は気持ちの良いブナ林です。
なんとなく奥秩父や紀伊半島の山を
思い出しました。
018_convert_20160814111232
尾根が痩せてくるとまもなく刃渡りに到着。
両側が切れ落ちた岩場ですが、通過は
容易です。
019_convert_20160814111629
刃渡りから鳳凰三山方面の景色です。
黒戸尾根の下部では貴重な展望所です。
022_convert_20160814111821
刃渡りを過ぎるとハシゴ場が出てくるよう
になりました。慎重に登れば安心のしっ
かりしたハシゴです。
025_convert_20160814112118_2
刀利天狗(2049m)の祠です。
この尾根は山岳信仰の面影が色濃く
残っています。
026_convert_20160814112344
黒戸尾根の上部を眺めると残念ながら
ガスがかかっているようです。
今まで登ってばかりですが、五合目手前で
少し下りになります。
五合目小屋跡にはもう建物はなく昔小屋が
あったであろう敷地が残っている程度です。
029_convert_20160814112607
五合目(2262m)には石仏群が安置され
ていました。この先はハシゴ場が連続
するようになります。
034_convert_20160814113242
吊橋を渡りハシゴを登ります。
037_convert_20160814113426
高度感のあるハシゴもありました。
038_convert_20160814113546
こちらはクサリ場です。
039_convert_20160814113707
そうこうしているうちに七丈小屋に到着。
ここは営業小屋です。
水も有料で手に入ります。
041_convert_20160814113959
七丈小屋を過ぎても、ひたすら登ります。
ガスがかかってきて景色は真っ白に
なってきました。
こうなったら、ただただ登るだけです。
岩場が多くなりますが、登山道は整備されて
いるので問題ありません。
森林限界を超えると、景色が開けるはず
ですが、真っ白。
甲斐駒独特の白い砂が出てくると
まもなく頂上です。
046_convert_20160814114332
頂上の祠にはわらじがぶら下がっていました。
050_convert_20160814114706
甲斐駒ケ岳(2967m)のてっぺん
何も見えません。
ガスが晴れるのを期待して、少し頂上で
時間を潰します。
052_convert_20160814115012
空は時々青空が見えますが、まわりは
真っ白。残念ですが、下山にかかります。
055_convert_20160814115131
頂上から黒戸尾根方面の展望です。
帰りも来た道を戻ります。
057_convert_20160814115306
クサリ場を慎重に下っていきます。
058_convert_20160814115550
こちらも慎重に下りました。
七丈小屋と五合目小屋跡で少し休憩し
あとは一気に登山口まで下ります。
下界が近づくほど夏の暑さになってきました。
065_convert_20160814115712
尾白川渓谷ではたくさんの家族づれが
水遊びをしていました。
竹宇駒ヶ岳神社をお参りしてから駐車場
まで戻りました。
さすが日本三大急登の尾根だけあって
登り応えのあるコースです。
ここはタイムトライアルのコースにもなって
いるらしいので、一度チャレンジしてみても
いいかも。
2016kuroto_convert_20160814120945
2016.07.30 17.9km
2016kuroto1
累積上昇高度 2559m

2016年8月13日 (土)

富士登山競争 五合目

昨年は第0関門のクリック合戦に散って
しまった富士登山競争五合目コースでし
たが、今年は無事に通過できました。
そんなわけで、ランニングサークルの有志で
五合目コースの試走に行くことになりました。

7月に入った最初の土曜日。
石神井公園駅に集合して車2台で富士
吉田を目指します。
4338_convert_20160813195955
富士吉田市役所近くのパーキングに車を
とめて準備。メンバーは今年頂上コースを
走るTさんを筆頭に玄関から新聞を取りに
出たまま来たようなスタイルのNさんまで
総勢8名です。
今日は試走なので、とくに気負うこともなく
ふらっ~とジョグペースで走り出しました。
富士山には登山や山スキーで何度も
登ったことがあるのですが、すべて五合目
から上なので、麓から五合目までの登山
道は未知の世界で楽しみです♪

少し市街地を走り、月江寺駅前交差点
から大会コースの富士みちに入ります。
4183_convert_20160813200822
正面に富士山を眺めながら緩い登り坂を
2kmほど走っていきます。
ここは、ペースを上げて位置取りをする
区間とのこと。試してみましたが、すぐに
息があがって無理です。
4181_convert_20160813202252
富士山駅近くの金鳥居をくぐって進みます。
4231_convert_20160813202603
みなさん、まだまだかろやかな足取りです。
中には先週、サロマウルトラ100kmを
走ったOさんや函館マラソンでフルを走った
Kさんも元気に走ってます。
そう言う僕も、先週SPATRAILで72km山を
走ったところなのでややお疲れモード。
つきあたりの、上宿交差点を左折し
300mほど平坦路を走ります。
4176_convert_20160813203347
富士浅間神社手前を右折したあとは
ひたすら直進です。
我々は浅間神社のお手洗いで休憩。
ここから林間に入るので少し日陰になり
うれしいです。
4175_convert_20160813203727
ひたすら登りを直進するのみです。
東富士五湖道路の高架を潜り抜けて
引き続き登っていきます。
4221_convert_20160813204238
中の茶屋に到着。ここまで7.2kmくらい。
ひたすら登りでした。
ここからは道が狭まってクルマ1台分くらい
の車道になります。
4167_convert_20160813204640
傾斜も強くなってきました。
さすがに先週の疲れで、ペースが乱れて
きます。
休憩を入れながらとろとろ登っていきます。
4163_convert_20160813204941
馬返しに到着。11.4km地点です。
標高1450m
スタート地点からは約680m登ってきた
ことになります。
ここからトレイルに入ります。
4162_convert_20160813205315
お疲れモードでも山に入るとうれしいです。
苦手なロード区間が終わって一安心。
ゆるゆるとしたペースで走っていきます。
4160_convert_20160813205656
一合目付近を進みます。
4159_convert_20160813205915
トレイルは階段や石畳で整備されています。
4214_convert_20160813210313
二合五勺の細尾野林道交差点です。
12.7km地点で大会当日は給水所が
置かれる場所です。
標高1770mでスタートから1000m登って
きました。
4150_convert_20160813210818
ひたすら続く登りに、元気じゃないけど
元気なふりをしている私。
4209_convert_20160813211009
舗装路に飛び出すと五合目は近いです。
4139_convert_20160813211320
佐藤小屋に到着して終了。
15km地点で標高2230m。
スタートから1460m登ってきました。
来年の頂上コースにエントリーするには
2時間25分以内にゴールしなければなり
ません。今日のところは休憩しまくり&
ジョグペースで3時間7分くらい。
当日頑張ればクリアできそうな感じです。
4142_convert_20160813212524
頂上はまだまだ遥か先にあります。
4364_convert_20160813212804
お天気がいいので景色も最高です。
4409_convert_20160813213041
河口湖とわたし
さて、帰りは走って下る組とバス組に
別れました。私は走って下る組に入ります。
登って来た苦しさが嘘のように快適に
下って馬返しに到着。しかし、ここからの
ロード区間が暑さとの闘いでした。
4371_convert_20160813213523
中の茶屋付近でもう暑さでバテバテ。
4373_convert_20160813214032
富士浅間神社をお参りして帰路につき
ました。

≪それから、約3週間経過≫
7月22日 大会当日です。
お天気はまさかの雨模様。
4458_convert_20160813214547
頂上コースは悪天候のため、五合目で
打ち切りが発表されました。
4461_convert_20160813214835
まずは、午前7時に頂上コースがスタート。
五合目コースのスタートは8時半なので
雨に当たらない場所で待機します。
先日の試走の時とは真逆の寒さです。
8時から五合目コースの開会式が始まり
ました。
サプライズゲストで吉本の宮川花子さん
の挨拶がありました。相方の大助さんは
浅間神社付近で応援しているとのことです。
雨で気温が低いので走りやすいのは
間違いないのですが、目標の富士山が
まったく見えなくて残念です。

8時半の号砲で一斉に走り出しました。
Eブロックからのスタートなので、まずは
位置取りから開始です。
最初の平地区間は混雑であまり身動きが
とれません。
月江寺駅前交差点を左折し、富士みちに
入るとスペースが出来てきました。
Tさんの教え通り、キロ4分30秒くらいで
走ります。
緩やかな登りですが、突き当たりの上宿
交差点に着く頃には、息があがりまくり。
気づけば周りはあきらかに僕よりも走力
の高い人だらけです。
富士浅間神社の給水所で一口水を含ん
で先を急ぎます。ここからの直線の登りで
じわじわと周りから遅れだしました。
気づけばペースはキロ5分を維持できない
くらいまで落ちています。
中の茶屋(7.2km)に着く頃には、キロ6分
くらいになっていました。
2、3人抜く間に10人くらいに抜かされて
いきます。
馬返し手前の傾斜が強まるところは、
とにかく歩かないように踏ん張りますが、
結局歩くのとほぼ変わらないペースで
よれよれ進みます。
馬返し(11.4km)には1時間2分台で到着。
息も絶え絶えで、トレイルに入ります。
ロードでほぼ力尽きているので、肝心の
トレイルで走ることができません。
早歩きで、先行者に遅れように必死に
ついていきます。
ところどころ平地になる部分だけ走って
あとはひたすら歩きます。
2合五勺の林道交差点給水所で水と
塩を補給してあとはひたすら登って
いきました。
4合目付近で「このまま走れば
2時間切れるぞ!」との声援を受けて、
つい走ったら足が攣りました。
痛む足をだましだまし登ります。
走ると攣りそうになるので、もはや
歩くしかありません。しかし舗装路に
出るとジョグペースなら攣らず走れ
ました。再びトレイルに入り、すぐに
最後の舗装路に出ました。
先に五合目ゴールが見えています。
なんとか2時間切り出来そうな感じです。
渾身のよれよれジョグでゴールゲートを
通過。1時間59分台でした。
4462_convert_20160813223235
荷物受取所とわたし

五合目でこれだけヨレヨレだと頂上への
道はまだまだ険しそうです。
これから1年間修業しないといけません。
4464_convert_20160813223527
五合目のバスターミナルを通り過ぎて
富士登山競争専用バス乗り場までは
結構な距離を歩かされました。
バス待ちの行列に並んでる時は寒い寒い。
バスに乗り込んでホッと一息、来年に
繋がった安堵感で緊張も途切れて
やれやれって気分です。

きついながらも、気持ち的に余裕が
持てたのは試走したおかげです。
企画していただいたTさんに感謝。
2016fuji_convert_20160813224833
2016.0702(試走) 29.8km
2016fujik_convert_20160813224901
2016.07.22(大会) 15km
2016fujik1
累積上昇高度1480m

SPATRAIL 2016

昨年に続きSPATRAILのSTSK72Kに参加
しました。群馬県の四万温泉から草津温泉
までの72.7kmを走り抜ける大会です。
受付は前日のみなので、必然的に四万温泉
か沢渡温泉で前泊することになります。

まずはゴール地点の草津温泉に車を置い
てから大会バスで受付会場の中之条町
に向かいます。
4047_convert_20160813121536_2
中之条町総合体育館で受付と
必携装備品のチェックを受けました。
そのあと、ブリーフィングがありましたが
昨年と同じコースなので、パスして前泊地の
四万温泉へ向かいました。
4049_convert_20160813122159
お宿は昨年と同じく、四万やまぐち館に
泊まります。
チェックインまで時間があるので
荷物を預けてから、温泉街を散歩します。
4052_convert_20160813122530
温泉街を流れる四万川。この細い道は
明日のスタート直後に走ります。
4060_convert_20160813122843
温泉街を歩いていくとジブリ映画の「千と
千尋の神隠し」のモデルのひとつと言われ
ている積善館があります。
4068_convert_20160813123433
足湯に浸かったりしながらぶらぶらして
いるうちに、チェックイン時間になったので
四万やまぐち館に戻りました。
4070_convert_20160813123647
チェックイン後は相部屋になったランナーの
方達と温泉に入ったり、夕食を食べたり
しながら過ごし、20時過ぎには就寝。
翌日は2時半に起床し、走る準備をします。
4072_convert_20160813124023
スタート会場に移動し、ゴール会場へ送る
荷物を預けてスタート時間を待ちます。
4079_convert_20160813124221
町長さんや大会プロデュースをされている
鏑木毅さんや松本大さんの挨拶がありました。
今回の目標は昨年タイムよりも早くゴール
することですが、どうも睡眠不足で体調は
いまいちです。立っているだけでも、何やら
くらくらしてしまいます。
最近仕事が忙しくて慢性的に寝不足が
続いているのが原因でしょう。
先行き不安ですが、5時にスタートしました。

まずは林道の登りが11kmほど続きます。
温泉街を出てすぐに、先日の戸隠の大会
で知り合ったKさんに声をかけられました。
しばらく、Kさんと共に走っていきますが
傾斜が強まってくると僕のペースが落ちて
先に行ってもらいました。
4080_convert_20160813130512
町道万沢線峠(11.3km地点)には給水
ポイントがあります。
1時間18分くらいと昨年とほぼ同等タイム
で到着しましたが、今年の方があきらか
に疲れています。
ここからはしばらく林道の下りになります。
この大会は走れる区間が多いのですが
反対に走り続けないと関門が厳しいとの
ことです。
無理せずたんたんと下っていき、白砂川を
渡ってから対岸を登りかえします。
第1エイド(21.9km地点)の和光原には
2時間18分台で到着。美味しいパンを
いただきました。
4082_convert_20160813131550
このあたりは別荘地になっていて気持ちの
よい空間です。
ここまでずっと林道でしたが、この先から
ようやくトレイルに入ります。
途中で松本大さんが待っていて通過する
選手を応援してくれています。
トレイルを下りきると渡渉ポイントです。
4083_convert_20160813132129
沢を渡り、対岸を登りかえします。
いちど集落に出て、野反湖まで5kmほど
登りになります。
ほぼ歩きでよれよれ登ります。
4087_convert_20160813132605
疲労困憊で野反湖にたどり着きました。
これから湖を一周します。
湖畔の遊歩道はほぼ平坦なのに、疲れて
走り続けられません。
歩きを交えながら進んでいきます。
湖の北側でいったん登りになり湖畔を
離れます。車道を横断しさらに登ります。
このあたりは本当にきつかった。
身体が重くて思うように走れません。
野反ダムまで下ると、まもなく第2エイド
(34.6km地点)の野反湖ビジターセンター
に到着です。ここはKTK38Kのスタート地点
になっていてスタート待ちのたくさんの選手に
応援をいただきました。
スタートから4時間32分くらい経過してます。
4088_convert_20160813133324
疲れた身体にうどんが沁み渡ります。

ここからは湖の西側の遊歩道を走ります。
遊歩道の途中で10時を過ぎました。
KTK38Kの選手がスタートしたようです。
後ろから元気な選手たちが追いかけて
くると思うとなんとなく焦ります。
野反峠までたどり着いて、弁天山への
登りにかかります。
この区間は追い越し禁止区間になります。
すぐにKTK38Kのトップ選手が追いついて
きました。しかし、追い越し禁止区間なので
ヨレヨレ登るSTSK72Kの選手を追い抜けず
にいます。プレッシャーを感じますが、
どう仕様もないです。これ以上急げません。
弁天山(1650m)の頂上を通過して、少し
下り、ようやく追い越されまくり区間に
たどり着きました。あっという間にKTKの
選手が消えていきます。
ここからはしばらく快適な下りですが、
足が重くて調子がでません。
第3エイド(47.2km)根広ねどふみの里に
は6時間18分くらいで到着。
昨年より10分ほど遅れています。
4090_convert_20160813140108
このあたりからは旧六合村に点在する
集落をつなぎながら進みます。
集落の方々のあたたかい応援がありが
いです。
しかし日ごろの睡眠不足が影響してきて、
猛烈にクラクラしてきました。
10分でも寝たらマシかなと、道端に
座り込んで目をつむると、あとから来る
選手の方々に「大丈夫ですか?」と
次々に声を掛けられます。寝るのは
不可能な感じなので進むことにします。
今回唯一、折り返した選手達とすれ違う
車道区間までたどり着きました。
ここまでくると昨年苦しめられた世立八滝の
階段地獄が近づいてきたことを実感します。
すれ違うランナーはみなさん階段地獄を
クリアしたかと思うとうらやましいです。
4092_convert_20160813141346
車道を離れてトレイルに入ると、展望の
開けた場所にでます。しかし、眠気で
景色を楽しむ余裕がありません。
いったん国道405号まで下って、世立八滝
入口まで走ります。いきなり急傾斜の
階段地獄が始りました。
4093_convert_20160813142320
滝が続く渓谷の景色は美しいのですが
感動する余裕がまったくありません。
ひたすら、目の前の階段を登り続けます。
700段以上の階段を登りきると、先ほどの
対面区間です。今度は折返した側の
ランナーになれました。
まもなく、第4エイド(58.7km地点)の
ふるさと活性化センターに到着です。
8時間46分くらいで、昨年より25分ほど
遅れています。
しかし眠気と闘いながら出発するのは
危険なので少し仮眠することにしました。
軒下の日陰で横になって目を瞑ります。
20分程横になって少しマシになりました。
ゴールまであと14km頑張れそうです。
エイドを出て、まずは国道まで下ります。
途中、昨年も立ち寄った私設エイドで
美味しい豆腐をいただきました。
白砂川を橋でわたって登り返しです。
今度は鏑木さんが待っていてくれて
選手のみなさんを応援されています。
握手してもらい力をいただきました。

急斜面を登り切り、川沿いになると
傾斜はゆるやかになります。
そのうち台地状になり、まもなく
第5エイド(64.5km)田代原ザゼンソウ
公園に到着しました。10時間6分と
昨年より40分ほど遅れています。
仮眠したので仕方ないです。

残すところ8kmちょっとになりました。
どろどろの急斜面を下ったり、林道を
登り返してまた下ったりしながら進んで
いきます。草津温泉地区に入ると
サイクリング道を走るようになります。
ここまで来るとゴールは近いです。
最後のトレイルを通り抜けて車道に
飛び出るとゴールまで600mくらい。
昨年よりも足は疲れていないのに
睡眠不足で思うように走れません
でした。最後は11時間16分台でゴー
ルゲートをくぐりました。前回を上回る
どころか40分ほど遅い到着でした。
4105_convert_20160813145409
記録証をもらって、荷物を受け取り豚汁を
いただきます。
走りはまったく満足できない内容でしたが
大会自体は今年もとても満足できました。
4101_convert_20160813145859
草津温泉の露天風呂につかってから
帰路につきます。
来年はもう少し体調を整えて出たいです。
何より睡眠不足は堪えました。
2016spa_convert_20160813151228
2016.06.26 72.7km
2016spa1
累積上昇高度4610m

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »