フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ロードバイク

2016年1月24日 (日)

南房総サイクリング

年も押し迫った12月26日。のびのびに
なっていた毎年恒例のキンメダイ
サイクリングに行ってきました。

風邪をひいて体調はイマイチですが
この週末を外すと、次はいつになること
やらってことで強行します。

2年ぶりの南房総サイクリングです。
今回は道の駅「とみうら」を拠点にして
ぐるっと時計回りで走ります。

道の駅で毎度おなじみのかっきーと
待ち合わせをして出発。
まずは県道302を南下し、JR館山駅を
目指します。
P1050520_convert_20160124123503
南欧を意識した駅舎の館山駅
P1050523_convert_20160124182607
駅前にある中村屋でパンを買います。

少し戻って県道296を東へ走ります。
少し内陸に入りますが、たいした登りは
ありません。
どんどん進むと、和田町に入り国道128
に突き当たりました。
目の前には太平洋が広がっています。
P1050524_convert_20160124123604
景色を楽しみながら、サイクリングロード
を走ります。
P1050526_convert_20160124123628
和田白渚海岸のくじら
このあたりはくじら料理が名物とのこと。
サーフポイントでもあるので、たくさんの
サーファーが楽しんでいました。

引き続きサイクリングロードを走って
いくと風の影響で砂が入り込んでいて
快適に走れなくなってきました。
仕方がないので車道に戻ります。

房総フラワーラインに入ると、すぐに
道の駅「ローズマリー公園」に到着。
P1050527_convert_20160124123658
風車があります。
P1050529_convert_20160124123718
庭があります。
小腹が減って来たのでベンチに座って
朝に買った中村屋のパンを食べました。
P1050530_convert_20160124123739
中村屋のシナモンロール
美味しいパンでした。

再び房総フラワーラインを進み
千倉の市街地に入ります。
ここでは、おととしに南房総を訪れた際
計画に入れながらスルーしてしまった
高家神社に向かいます。
P1050535_convert_20160124123830
高家神社
ここは日本で唯一の料理の神様を
お祀りしている神社です。
料理には縁遠いわたくしですが
しっかりお参りしていきます。

あとの観光地は以前に回っているので
駆け足で通り過ぎます。
そしていよいよメインのキンメダイの番
がやってきます。
P1050537_convert_20160124123849
野島崎の三峯神社
遠くに伊豆半島が見えています。

灯台のまわりををぐるりと回るように
遊歩道を進んで行くと、最南端に到着。
P1050539_convert_20160124123917
野島崎 ここが房総半島の南端です。

さて、駐車場まで戻って前回立ち寄った
食堂に入ります。
P1050545_convert_20160124124014
せと食堂
他にもたくさんの食堂がありますが
前回ここで美味しくいただいたので冒険は
しません。
P1050540_convert_20160124123944
これが美味いのです。大満足です。
今回の目的は達成いたしました。

あとは帰るだけです。
この先の観光地も前回制覇してますので、
ここで海岸線から離れて県道86で館山に
向かいます。
峠を越えて、館山市に入ると弘法井戸
って書いてある看板を発見。
行ってみることにします。
少しわかりにくいですが、なんとか発見。
P1050546_convert_20160124124032
神余の弘法井戸
弘法大師さまが錫杖を刺したら塩水が
湧き出たそうです。
弘法伝説がここにもありましたねえ。

P1050547_convert_20160124124103
これは城跡の標識に誘われて激坂を
登るも途中で断念した図

館山市街地に戻って、ピーナッツソフト
を食べます。
P1050549_convert_20160124124126
ピーナッツなわたし
木村ピーナッツのお店です。
濃厚なソフトクリームを堪能しました。

あとは、とみうらまで戻るだけです。
途中にある崖観音の大福寺に立寄るも
工事中で拝観を断念。
P1050550_convert_20160124124145
足場が組まれて殺風景な景観でした。

そのまま道の駅「とみうら」に戻って終了。
クルマで保田に移動し、ばんやの湯に
浸かりました。
P1050551_convert_20160124124200
食堂ばんやで締めの海鮮丼
大満足なグルメサイクリングでした。

2015kinme
2015.12.26 74.5km

2015年4月26日 (日)

西伊豆スカイライン

伊豆半島は何度か走っているのですが、
西伊豆スカイラインには、まだ行った
ことがなかったので走ってみます。

途中、戸塚でかっきーを拾ってから
西伊豆へむかいます。
今日の起点は、戸田港です。
P1040902_convert_20150426171632
できてまだ間もない道の駅「くるら戸田」
にクルマを置いて、走り出しました。
4月も後半ですが、朝はまだ涼しいです。
出発して、すぐに戸田港に到着。
P1040904_convert_20150426164921
戸田は「へだ」と読みます。
P1040906_convert_20150426171832
戸田港は「高足がに」が名物らしいです
これは、地元のキャラクター?

港を離れると、すぐに登り始まります。
海岸線の崖が立っていて、200m以上は
登らされます。
西伊豆はこんな感じで港と港の間ごとに
結構なアップダウンがあります。
朝一の登りで、すでによれよれです。
P1040909_convert_20150426172326
土肥港に入る手前にある旅人岬
夕陽の名所らしいですが、まだ早朝です
P1040910_convert_20150426172731
土肥港には若山牧水の銅像があります
何故だかはわかりません
土肥金山横のコンビニで小休止
西伊豆にも陽の光が当たりだしました。
日があたると気温が一気に上昇します。

港を離れると再び山越えです。
途中の恋人岬を観光をします。
P1040917_convert_20150426173625
「手をつなぐ道」と名付けられた遊歩道
をおっさん二人で歩きます。
岬の先端に愛の鐘があったので
鳴らしました。なんかご利益があるの
でしょうか?
P1040916_convert_20150426174313
アモーレ像の前のおっさん二人
この時恋人岬から変人岬となりました。

お約束の記念撮影を終えて先に進みます。
岬めぐりも次が最後です。
旅人、恋人ときて次は黄金崎です。
宇久須の町を通り過ぎると黄金崎へ
向かう分岐があるので曲がります。
進んで行くと黄金崎の駐車場に到着。
P1040922_convert_20150426175335
黄金崎は夕陽を浴びると黄金色に
輝くことから名づけられたようです。
ここから見る岩は馬に見えるようで
「馬ロック」と呼ばれています。
P1040923_convert_20150426180747
遊歩道の途中にある黄金神社で
必死に拝むかっきー

宇久須の町に戻りコンビニで休憩、
ヒルクライムに向けて補給します。
P1040924_convert_20150426181640
宇久須から仁科峠へ向けて走ります。
目的の山並みはまだ先です。
川沿いを登っていきますが、水が美しく
まさに清流って感じです。
P1040925_convert_20150426182608
この頃はまだまだ余裕ですが高度を
上げるほどに、やらかしてくれる道です。
P1040927_convert_20150426183117
勾配をあらわす、標識が連続して登場。
ひたすら登りまくりです。
これでもかってくらい、坂が続きます。
P1040928_convert_20150426185406
ひーひー言いながら登っていくと
西天城高原牧場の家に到着
宇久須の町が遠くに見えてます。
P1040930_convert_20150426185859
これから先は景色が開けてきました。
なだらかに見えても、勾配は10%以上
あります。
P1040934_convert_20150426190134
ようやく仁科峠に到着です。
標高900mと書いてありました。
ここから、目的の西天城高原道路
と西伊豆スカイラインが始まります。
快適な高原道路らしいです。
P1040938_convert_20150426190505
走りやすい道路ですが、意外にアップ
ダウンが多く、疲れてる足にはきつい~
P1040941_convert_20150426190650
景色は解放感があって素晴らしい
P1040942_convert_20150426190759
道路に沿って、伊豆山稜線歩道が続い
ています。トレランでも来たいなあ。
P1040943_convert_20150426191535
眼下に戸田港が見えてくると、戸田峠
が近いです。
P1040945_convert_20150426191704
戸田峠からは交通量も増えます。
戸田港まで10kmのダウンヒルです。
ぐねぐねのワインディングロードを
ひたすら下ります。
道が直線的になると、まもなく出発地の
道の駅「くるら戸田」に到着しました。
まったりサイクリングのはずが、なんか
疲れました。予想以上のアップダウン
が原因でしょう。

道の駅で温泉に浸かってから地元グルメ
を食べに散策します。
戸田港はすぐ近くに海底谷があって
深海魚が名物らしいのです。
これは食べとかんとあかんでしょ。
P1040948_convert_20150426192547
丸吉で「うましの煮魚定食」を食べました
ひうちだいと言う魚で、煮て食べると
非常にうまいと言うことで「うまし」と言わ
れるらしいです。
高足がには食べたかったけど高くて
あきらめました。残念
2015nisiizu
2015.04.25 74.9km

2015年3月17日 (火)

三崎まぐろサイクリング

手術後の抜糸が終わって、そろそろ
身体を動かしたいなあと考えていたら
タイミング良くかっきーからサイクリング
のお誘いがありました。

先月の東京マラソンでハムストリングス
と腸脛靭帯を痛めてしまい、まだ回復し
ていませんので山方面は遠慮させて
もらい、三浦半島の三崎へまぐろを
食べに行くことにします。
P1040750_convert_20150315094857
朝、6時に戸塚のセブンで待ち合わせ
まずは海に向かいます。
にわか埼玉県人には、なかなか不案内な
土地ですが、大まかな地図は頭に入って
きました。
大船を経由して、県道304を南下します。
腰越で海岸線に出ると、目の前に最初
の目的地、江の島が登場。
P1040751_convert_20150315094754
7時前の江の島はまだ静か

さて、江の島には何があるのか、よく
わからないまま来てしまいました。
しばらくうろうろして、江島神社があるのを
発見! ならば参拝しましょう。
どうやら日本三大弁財天らしいです。

自転車を置いて、参道の階段を登って
行くと、辺津宮がありました。
P1040754_convert_20150316221354
茅の輪をくぐって穢れを祓います。
縁結びの神様でもあるようです。
それらしい、絵馬がいっぱいありました。

参拝したあとは、江の島をあとにして
東へ向かいます。
線路沿いの国道を走っていると江ノ電の
車両が追い抜いていきました。
海岸沿いを走る江ノ電は絵になりますわ。

鎌倉の手前で稲村ケ崎に立寄りました。
日本史好きには外せない場所です。
P1040758_convert_20150316222529
江の島をバックに記念撮影
P1040759_convert_20150316222914
稲村ケ崎の東側です。
新田義貞公はこの海岸沿いから
大軍を率いて鎌倉に進軍したらしいです。
剣を海に投げ入れたら、潮が引いたとの
伝説があります。
我々は鎌倉には進軍せず、まぐろを
目指します。

三浦半島西岸を南下し、京急三崎口駅
へ到着。
桜まつりが行われているとのことなので、
お花見がてら、お隣の三浦海岸駅に
向かいます。
P1040767_convert_20150316223747
早咲きの河津桜とのことです
菜の花との組み合わせはとても綺麗。
P1040764_convert_20150316223659
京急と桜のコンビも素敵です。
そのまま、三崎海岸駅まで走っていくと
残念ながら、屋台は開店準備中でした。
P1040770_convert_20150316224437
仕方がないので、怪しげなキャラクター
と記念撮影。

いろいろ寄り道しましたが、そろそろ
本題の三崎港へ向かいます。
P1040771_convert_20150316224649
海岸沿いの快適な道を走っていきます。
途中、2度ほどアップダウンをこなして
三崎港へ入りました。
食堂が開店するまで時間があるので
三崎港付近を散策します。
P1040772_convert_20150316224908
まずは急な階段を登って、本瑞寺へ。
P1040773_convert_20150316225203
本瑞寺は、鎌倉から室町時代に活躍
した三浦一族の菩提寺とのことです。
源頼朝公が建てた桜の御所もここに
あったらしいです。

本瑞寺をあとにし、目的地のまるいち
食堂に向かいます。
店の前にある順番待ちの表に名前を
書いておきます。前回は1時間待ちを
経験してるいので、さすがに学習しました。

まだ時間があるので、観光の続きです。
今度は海南神社に向かいます。
P1040774_convert_20150316230033
海南神社は三浦一族の祈願所だった
らしいです。源氏につくか、平氏につくか
占ったところとのことです。
P1040777_convert_20150316230308
源頼朝公寄進の大銀杏

港にある市場をうろうろしてから
まるいち食堂に戻ります。
P1040780_convert_20150317215112
三崎港の数ある食堂の中でもこのお店
を選んでおけば間違いはないです。
P1040782_convert_20150317215311
定番のまぐろ三種盛定食
左から中トロ、大トロ、赤身です
P1040785_convert_20150317215617
サイドメニューにまぐろの頬肉焼きを
注文しました。
今日も満足です。まんぷくです
さて、目的も達成したので帰りますか。

さすがに、そろそろ太もものダメージが
効いてきました。
悪化しないように、だましだまし走ります。

お次は鎌倉まで戻って、スイーツの時間。
前回来たときに目をつけていた、
たい焼き屋さんを目指します。
P1040786_convert_20150317220232
なみへいのたい焼き
僕は焼き栗味を食べました。

お店の前でたまたま関西弁を聞きつけて
声をかけてこられた方が偶然にも
かっきーと同じ奈良のサイクルショップ
を利用されているとの事で話が盛り
上がります。
そんなこともあるものですね。

今回はそんな感じでまったりリハビリ
ライドとなりましたが、なかなか充実
した1日でした。
2015misaki_convert_20150317221434
2015.03.14
113km

2014年12月20日 (土)

箱根サイクリング

先週に続いて、かっきー邸近隣の
地域研究です。
今回は箱根方面に向かいます。
朝の6時に戸塚のセブンで待ち合わせ。
西へ向かいます。

朝の冷え込み厳しく、手足の指先が痛い。
国道246号に出てアップダウンを繰り返し
て行きます。
このあたりは帰省サイクリングで何度か
走っているのですが、いつも夜間だった
ので今日は景色が見えて新鮮です。
富士山が目の前に見えていたとは・・
秦野を通過し松田のセブンで休憩。

河南沢の交差点を左折。
県道78足柄街道に出ると登り基調に
なりました。
P1040583_convert_20141219235647
行く手に金時山が綺麗に見えています。
県道を登っていくと金時隧道へ向かう
林道との分岐点に到着。
P1040584_convert_20141220000005
入口がいきなりの急登となっています。
最初のきつい坂をやり過ごすとあとは
だらだらした登りに変わりました。
このあたりは観光地箱根とは一線を
画す、静かな雰囲気です。
登るほどに金時山が間近に迫ります。
Pc131681_convert_20141220001131
金時隧道付近まで登ってきました。
ここは丹沢方面の展望所になっています。
Pc131682_convert_20141220001250
金時隧道
隧道をくぐって反対側に下ると公時神社
に到着。
金時山への登山口になっているようで
たくさんのクルマが駐車してあります。
この辺りから一気に観光地になりました。
コンビニで休憩したあと芦ノ湖方面に
向かいます。
Pc131693_convert_20141220001719
仙石原を走り抜け、アップダウンをこなす
と桃源台に到着。
先ほどまでの青空が寒気の影響で
雲に覆われて寒いです。
芦ノ湖の湖面も寒々しい景色です。
湖の東側をアップダウンを繰り返して
元箱根へ移動。
そのまま箱根関所跡まで走ります。
P1040599_convert_20141220002454
関所を社会見学
Pc131704_convert_20141220002412
残念ながら富士山は雲で見えないので
自ら富士山になってみました。

あまりの寒さに、観光する気もなくなった
ので、さっさと下ることにします。
帰りは箱根旧道を走ることにしました。
途中、甘酒茶屋で力餅を食べます。
P1040602_convert_20141220002956
「いそべ」と「うぐいすきなこ」をかっきー
とシェアします
冷えた身体に甘酒が沁みます。

箱根湯本まで下って、そのまま小田原へ。
かっきーが「ういろう」を買って帰るとの
ことなので、1号線沿いにあるお店へ。
P1040604_convert_20141220003314
600年以上の歴史があるお店らしい
P1040603_convert_20141220003408
店内の喫茶コーナーでスイーツ
期間限定「紫芋のプリン」を食べました。

かっきーは薬のういろうを、僕はお菓子
のういろうをそれぞれ購入。
続いて小田原城へ移動します。
P1040607_convert_20141220003636
難攻不落の名城 小田原城
後北条氏の居城として有名です
P1040610_convert_20141220003733
天守閣からは、相模湾を一望できます
お城の中は資料館になっていました。

小田原城見学のあとは、小田原駅で
今晩のおかずの「かまぼこ」を購入。
これですべての予定は終了です。
帰りは強烈な西風に乗って戸塚まで
一気に走って終了です。
2014hakone2_convert_20141220004232
144km

2014年12月15日 (月)

三浦半島周遊

かっきーの転居先が三浦半島に
近いらしく、それならばと転居先の散策
を兼ねて三崎港のマグロ目当てに
サイクリングすることにしました。
前回、三浦半島一周した時は埼玉から
自走し、あまりのクルマと信号の多さに
辟易したので、今回はかっきーの新居
付近までクルマで移動します。

朝7時に戸塚のコンビニで集合し
三浦半島を目指します。
前回、一周した時にメジャー所は見学
したので、今回は一周にこだわりません。
ちなみに前回の記録はこちら
P1040560_convert_20141207211325
まずは適当に南下していくと鎌倉に到着。
源氏ゆかりの鶴岡八幡宮をお参りします。
早朝と言うこともあり参拝客はまばらです。
P1040558_convert_20141207212035
大石段の上から舞殿を振り返ります。

鎌倉をあとにし、厨子駅前を通り半島
の東側へ移動します。
国道16号に出て横須賀の三笠公園へ。
P1040563_convert_20141207212338
連合艦隊の旗艦だった戦艦三笠です。
P1040566_convert_20141207213137
マストにはZ旗が掲げられています。
そんなわけで、三笠を見たので東側の
観光は終了です。
Pc061681_convert_20141215223501
観音崎まで南下し、ショートカットできる
ところは内陸を通って三崎港に向かいます。
観光よりもマグロが優先です。

スマホで評判の良さそうな店を探しながら
港付近をうろうろします。
P1040572_convert_20141215221825
今回、選んだお店はまるいち食堂。
人気店のようで、開店前から順番待ち
です。1時間半待ってようやくランチに
ありつけました。
P1040577_convert_20141215222110
まぐろ三点盛りとさざえ。
待った甲斐がありまくりの美味しさです。

さて、本日の目的は達したのであとは
帰るのみ。
三浦半島の西側を走っていきます。
葉山から厨子海岸を通り、再び鎌倉へ。
P1040582_convert_20141215222642
鎌倉大仏を見学したあと、駅前で
スイーツを食べ歩き。
Pc061688_convert_20141215223555
小町通りはすごく賑わっていました。
「ともや」で紫いもの今川焼。
「Good Bee-hive」でワッフルなどを
食べました。

ゆっくりしたいところですが、雲行きが
怪しくなってきたので急いで撤退します。
しかし、北鎌倉あたりからは通り雨に
降られてしまいまいした。
さっきまで快晴だったのに・・

かっきーの家までの近道を探りながら
戸塚に帰ってきました。
自転車乗りにとってはとても地の利が
あるところに引っ越ししてうらやましい
限りです。
2014miura_convert_20141215230750
105km

2014年11月 9日 (日)

房総サイクリング

昨年、房総半島サイクリングで食べた
キンメ鯛の煮付けに味をしめて今年も
行っちゃいます。
同じコースだと味気ないので今年は
房総の真ん中あたりを訪れました。

道の駅「たけゆらの里・おおたき」を
朝6時に出発。
まずは養老渓谷を目指します。
国道465号の緩やかなアップダウン
をこなしながら西へ向かいます。
老川十字路の交差点に到着し、まずは
左折して栗又の滝を目指しました。
P1040429_convert_20141108184052
登り基調の道を進んで行くと栗又の滝
を見下ろせる場所がありました。
その少し先に、滝まで降りれる遊歩道
があります。
P1040430_convert_20141108184558
怪しげな門をくぐり抜けて下っていきます。
P1040432_convert_20141108184656
すぐに栗又の滝に到着。
クリートの靴では滑って怖かったです。
紅葉には少し早かったみたい。

自転車まで戻って、行程を進めます。
老川十字路まで戻り、北へ進むと
養老渓谷の温泉街に到着。
P1040435_convert_20141108185530
観音橋
P1040434_convert_20141108185633
とりあえず歩いてみる。
クリートだと歩きにくい斜度でした。
ここも、あっという間に観光は終了。
お次は駅へ向かいます。
Pb031540_convert_20141108185904
小湊鉄道「養老渓谷駅」です
始発までは1時間近くあり、列車撮影は
断念。
Pb031542_convert_20141108190109
かわりに顔出し?で記念撮影です。
P1040441_convert_20141108190337
養老渓谷駅はケロヨンが応援してます。
さてさて、ここもあっという間に見学終了。

養老渓谷をあとにし、戸面蔵王林道を
走ります。房総半島の山岳地帯?は
なだらかな山が多いです。
Pb031545_convert_20141108191349
いくつかトンネルを抜けて、下り基調に
なると国道465号に出ました。
西へ西へと走ると、亀山湖に到着。
P1040444_convert_20141108191505
亀山ダムで小休止します。

県道24号に入り、南下していきます。
道の駅「きみつ」は営業時間前でした。
仕方がないのでコンビニで休憩。
予想よりも早く進み過ぎているようです。

20円払って鴨川有料道路を下って行くと
鴨川市街地に入りました。
ようやく、海が見えてきます。
国道128号に出て東へ進みます。
鴨川シーワールドやリゾートマンション
のような亀田総合病院を横目に見ながら
走って行きます。
P1040447_convert_20141108192156
漁港の防波堤から鴨川方面を見る
Pb031554_convert_20141108192521
ロシア人日本初上陸地でコサックダンス
P1040451_convert_20141108193018
国道の歩道用トンネルに
とんねる水族館と書いてあります。
Pb031557_convert_20141108193308
トンネルの中には色とりどりのお魚が
描かれていました。
そんなこんなで、昼食予定地の小湊に
到着しましたが、時間早すぎです。
まだ、お店が開いてません。
しかたがないので、先に進みます。
P1040456_convert_20141108193500
日蓮聖人生誕の地に建てられた
小湊誕生寺を参拝。
P1040464_convert_20141108193835
誕生寺から岬を回り込んでいくと
おせんころがしの岸壁が見えてきました。
壁の中ほどには廃道になった道の跡が
見えています。
しばらく国道を走って、鵜原から勝浦
海中公園方面へ向かいます。
P1040465_convert_20141108194414
今日は視界が2mとの事で割引料金
でした。入りませんでしたけど。
勝浦市街地でランチにしようと、キンメ
鯛を求めて街をうろうろ。
どうも相場が高いです。
観光地料金なのでしょうか?
どちらかと言うと勝浦名物?坦々麺の
お店の方が多いです。
あきらめて次の目的地に向かいます。
P1040468_convert_20141108194921
月の沙漠が作られた御宿にやって
きました。
ここから、海岸線を離れるのでキンメ鯛
の最後のチャンスです。
スマホを屈指して、なんとか店を探し
ました。
P1040471_convert_20141108195249
石松と言うお店です。
P1040470_convert_20141108195406
やっとのことでキンメ鯛です。
刺身定も美味しそうでしたが初志貫徹。
おおぶりの一尾でお腹いっぱいです。

満腹のあとは内陸に入っていきます。
山間部はだらだらした坂が多いです。
しかし、ひとつひとつは短い登りです。
国道に出て北上するとほどなく
道の駅「おおたき」に戻ってきました。

今回は、時間配分を読み違えて
ランチ難民になってしまいましたが
とりあえず、目的は達成です。
相変わらず房総半島は穏やかで
良いところでした。

2014bousou
108.23km

2014年2月23日 (日)

越生でうどん

かっきーのお誘いで越生までうどんを
食べに行くことに。
朝の8時に彩湖で集合。
P1030553_convert_20140223171823
めっちゃ寒いです。

荒川自転車道を北へ走っていきます。
ところどころでまだ先週の雪の影響が・・・
P1030554_convert_20140223172019
なんてこったい

そんなこんなで越生に到着。
時間がまだ早いので、前菜にシロクマで
シナモンパン。
P1030556_convert_20140223172256


P1030555_convert_20140223172241
太陽があたるとぽかぽかで良い感じです。
春が近づいてきた感じ。

まだ、時間が早いので有名な
越生梅林へ移動します。
今年の開花は3月に入ってからのようで
がらーんとしてました。
P1030557_convert_20140223172847
梅まつりは来週からのようです。
P1030565_convert_20140223172726
代わりに、福寿草がいっぱい咲いていました。

梅林からすぐのところに目的の
うどん屋さんがあります。
越生庵甚五郎と言うお店で、
ご主人が元競輪の選手とのことです。
P1030566_convert_20140223173705
そんな理由で、ありがたい100円引き
P1030568_convert_20140223173821
寒かったので、温まろうと辛めの地獄うどん
とろみのあるお出汁でした。
他にもいろいろオリジナルメニューが
あったので違ううどんも食べてみたいです。
P1030569_convert_20140223174205
ごちそうさまでした。 満腹です。

目的は達成したので、あとは帰るだけです。
同じ道を帰るのも芸がないので、
少し寄り道したら・・
P1030572_convert_20140223174419
こんな目にあいました。勘弁してください。

お昼過ぎは、気温も上がってきたので
榎本牧場によって、いつものジェラード。
P1030573_convert_20140223174641
今日は「さつまいも」にしてみました。
P1030574_convert_20140223174817
お店は、新たに店舗を新築中で
仮店舗で営業中です。

あとは、荒川自転車道を帰るだけです。
まさかの雪道走行で、自転車どろどろに
なってしまいました。

走行距離 116.9km

2013年12月15日 (日)

南房総周遊

今週もサイクリングに繰り出しました。
なんとなく暖かそうなイメージの南房総へ
かっきーと向かうことにします。
以前、房総半島一周したときにはほとんど
観光できなかったので今回は観光と食事を
メインに回ってみます。

国道127を南下し道の駅「きょなん」には朝の
4時過ぎに到着しました。
1時間半ほど仮眠し、明るくなってきたころに
起床し出発の準備。
そんなに冷え込みはきつくないですが
西風が強そうな感じです。
ここ「きょなん」の敷地には地元出身の
浮世絵師、菱川師宣の記念館が併設され
ていました。
P1030166_convert_20131215122745
師宣氏の代表作「見返り美人」像

7時頃走り出します。
まずは国道127を少しだけ北上し、保田
交差点を右に曲がって鴨川を目指します。

この道は長狭街道と言われていて
内房と外房を結ぶ主要道路のひとつです。
ゆるやかに高度をあげて横根峠を越えると
いったん富津市に入ります。
少し下り再び登り返すと鴨川市です。
今日の最初の観光地は大山千枚田。
金束郵便局付近の三叉路を右へ。
道は狭まり、しばらく急坂が続きます。
ひーひー言いながら案内板通り進むと
大山千枚田に到着。
P1030167_convert_20131215124846
日本の棚田百選に選ばれています。
P1030168_convert_20131215130908
375枚の棚田で構成されているそうです。
今の時期、夜はライトアップされているらしい
です。

大山千枚田から長狭街道に戻って
鴨川市街地を目指します。
下り基調でどんどん走っていきます。
風は冷たいですが太陽があたればそれなり
にぽかぽかします。
P1030175_convert_20131215135634
これは鴨川の妖精たち
鴨川市街地に入り、次に目指すのは魚見塚。
鴨川の街を見下ろす高台です。
目的の丘は見えてるのですが、登り口が
わかりません。
道に迷いながらも、なんとか到着出来ました。
途中の急坂でひーひー言わされましたが。

駐車場から階段を登って展望台へ。
正式名は魚見塚一戦場公園展望台です。
P1030171
鴨川の景色
展望台には巨大女神像も立っています。
P1030170_convert_20131215134019
セクシーダイナマイトな乙女です
P1030172_convert_20131215134149
鴨川松島方面の風景

この展望台は別名誓いの丘と呼ばれていて
こんな鍵がいっぱい掛けられていました。
P1030173_convert_20131215134609
だいたい、まあ、あれ系なメッセージが書き
こまれております。
P1030174_convert_20131215134740
なかには、なぜか落ちている鍵も。
神の仕業でしょうか??

駐車場に戻るとトイレ掃除のおじさんに声を
かけられ、いろいろとお話を聞きました。
魚見塚をあとにして、鴨川漁港を見学します。
すでに、水揚げは終わって閑散とした雰囲気
でした。
P1030177_convert_20131215135959
防波堤の奥まで進むと弁天島があって
厳島神社が祀られています。

鴨川漁港をあとにして西へ向かいます。
外房黒潮ラインを海岸線の景色を楽しみな
がら走っていきます。
今日は西風がつよくて苦労させられます。
房総フラワーラインに入るとすぐに道の駅
「ローズマリー公園」です。
P1030179_convert_20131215140557
立派なヨーロッパ風建物とガーデン。
他にもいろいろ。
たまたま観光に来ていたおじさんにいろいろ
説明を受けました。
先ほどの魚見塚と言い気さくなおじさんが
多いです。

このあたりから西風がどんどん強まりました。
かっきーと先頭交代しながらひーひー言い
ながらの走行です。
P1030181_convert_20131215141331
向かい風にやられまくり。
P1030187_convert_20131215141450
今年の夏にやってたドラマのロケ地表です。
真心ブラザーズ好きなので初回だけ見まし
たがその後脱落。長澤まさみさんの大きな
看板が立ってたのはここやったのね。

房総半島最南端の野島埼に到着。
P1030182_convert_20131215142240
野島埼灯台をバックに記念撮影
P1030185_convert_20131215142636
最南端のかっきー氏

そろそろお昼ご飯の時間なので、どこで食べ
ようか考えているとすべてのお店から
店員さんが出てきて客引きが始まりました。
季節外れで閑散としている中、ターゲットは
我々二人のみ。
みなさんに見つめられてます。

これは困った。あちらを立てればこちらが
立たず状態です。
かっきーと作戦会議をし、いったん場所を
離れ、客引きが居ないうちに一番手前の
お店に飛び込みました。
P1030189_convert_20131215143229
食べたのは金目鯛定食1,500円
日によって1,200~1800円で値段が変わる
ようです。
P1030190_convert_20131215143412
肉厚でとても美味しい金目鯛でした。

野島埼をあとにして西へ向かいます。
さらに強さをました西風にボロボロにされ
ながら走ります。
砂浜から飛んでくる砂も手強い敵です。
洲崎を周回するコースを走り、東向きになる
とホッと一息。風がないとほんとラクです。
館山市街に入り沖ノ島を見にいきます。
P1030193_convert_20131215144303
以前は島だったらしいですが、現在は
隆起などで陸続きになったようです。
島にも渡りましたが、島は普通でした。

沖ノ島のあとは、戦争遺跡の掩体壕を見学。
P1030199_convert_20131215144728
航空機を敵の攻撃から守る格納庫とのこと。

その後は、館山市街地に入っていき
館山城に向かいます。
城山の上に立っている天守は足場が
組まれていて残念な感じです。
でも、せっかくなので登ってみます。
急坂をヒーヒー登って城山公園に到着。
P1030200_convert_20131215145412
近くでみても残念な館山城。
P1030203_convert_20131215150652
城山公園から館山市街の眺め

館山市街地を離れ、北を目指します。
海岸線の連続する狭いトンネルを避けるた
め、内陸の県道88を使います。
海岸線の道に比べて走りやすい道です。
道の駅「三芳村雛の里」で休憩。
P1030204_convert_20131215151050
道の駅の地図には自転車に乗るチーバくん

犬掛交差点を左折し海岸線に戻ります。
ゆるい坂で峠越えして岩井から国道に復帰。
勝山でいったん国道を離れて寄り道。
P1030206_convert_20131215151501
最後の観光地 源頼朝上陸地へ
石橋山合戦で敗れた頼朝が安房の地に
逃げてきた時に上陸した場所とのことです。
P1030209_convert_20131215152115
そろそろ夕陽が海に沈むころです。
浮島横の大ボッケの穴も赤く見えています。
P1030208_convert_20131215152723
浮島の向こうに夕日が沈んでいきます。

すぐに出発地の道の駅「きょなん」に到着。
今回も楽しいサイクリングができました。
保田港の「ばんや」に移動してお風呂と
夕食です。
P1030212_convert_20131215153011
本日の締めは海鮮丼
房総半島は伊豆ほど観光地してなくて
走っても食べても大満足なところでした。



走行距離 136.4km
高度上昇 1053m

2013年12月 1日 (日)

伊豆半島半周

11月最終日。伊豆半島を走ってきました。
西海岸の土肥温泉が起点終点です。

かっきーのクルマで土肥港近くの
松原公園駐車場に到着し1時間ほど仮眠。
早朝の冷え込みの中で、6時半すぎに出発。
まずは船原トンネルまで登りです。
朝一の登りはさすがにつらい。
ひーひー言いながら登ってトンネルを
抜けます。
P1030074_convert_20131201115810
トンネルを抜けると今度は下り。
気温は-1℃くらい。寒い寒い。
温まっていた身体が一気に冷えていきます。
ぐんぐん下って最後はショートカットで
国道414に出ました。

ここからは再び登りになります。
先ほどの登りよりはラクですがだらだらと
した坂がひたすら続いてきます。

最初の観光は浄蓮の滝です。
P1030075_convert_20131201120413
滝への降り口には「伊豆の踊り子」の銅像が
立っています。
かっきーとふたりで天城越えを歌いながら
階段を下りていきます。
P1030078_convert_20131201120746
浄蓮の滝 直瀑25m 日本の滝100選
P1030079_convert_20131201121117
滝近くには天城越えの歌碑がありました。
名曲ですわ。

谷底にいてると寒いのでさっさと退散。
駐車場まで戻って、少し先の道の駅
「天城越え」まで移動します。
P1030080_convert_20131201122326
寒いので暖かいものでもと思っていましたが
まだ朝が早く、お店が閉まっていたので
寒そうな食べ物で記念撮影。

空振りだった道の駅を後にし、引き続き
だらだら登っていきます。
途中にある分岐で旧道に入り旧天城トンネル
に向かいます。
こちらはダートになっていますがなんとか
ロードバイクでも走れる感じです。
P1030084_convert_20131201122854
旧天城トンネル(天城山隧道)445.5m
石造道路トンネルでは日本最長らしいです。
P1030085_convert_20131201123348
ガス灯風の照明がありますが暗いので
ライトは必携。
P1030087_convert_20131201123543
寒天橋 天城越えの歌詞に出てくるので
寄ってみましたが普通の橋でした。

寒天橋から先は舗装路に変わりそのまま
国道414へ復帰。
そのままどんどん下っていきます。
P1030092_convert_20131201132816
河津七滝ループ橋をぐるぐる下って
河津温泉郷に入ります。
海岸線まで走り抜けて国道135へ。

伊豆半島東海岸の景色を楽しみながら
下田を目指します。
途中尾ヶ崎ウィングで展望休憩。
P1030093_convert_20131201133425
伊豆大島など伊豆七島の展望が楽しめます。

白浜海岸から緩いアップダウンを越えて
下田港に入りました。
柿崎交差点を左折して玉泉寺に立寄ります。
P1030098_convert_20131201134150
ここは幕末に日本最初の米国領事館が
置かれた場所らしい。
P1030100_convert_20131201134232
牛乳の碑にて
禁制以後初めて牛乳が飲まれた場所らしい。
牛乳好きとしては感謝を込めて記念撮影。
タウンゼント・ハリス偉い!

玉泉寺からすぐの道の駅「開国下田みなと」
へ移動してランチタイム。
今回の目的のひとつ金目鯛を食べます。
P1030104_convert_20131201134854
道の駅にあるお食事処さかなや
P1030103_convert_20131201134958
金目鯛美味しい~!

ランチのあとは後半戦です。
まずは下田市街をうろうろ走ります。
P1030108_convert_20131201135211
ペリー艦隊来航記念碑で記念撮影
P1030110_convert_20131201135339
ペリーロードの風景

下田をあとにし南伊豆を目指します。
国道136から県道16に入り海岸線を走ります。
漁村から漁村へ軽いアップダウンが
繰り返されますが、すでに脚はお疲れモード
でよれよれです。
伊豆半島最南端の石廊崎に到着。
P1030112_convert_20131201140009
まずは深い入江になっている石廊崎漁港へ。
P1030111_convert_20131201140140
我らの地元のヒーロー役行者さんにあいさつ。
かっきーと私の実家の間にある生駒山は
役行者ゆかりの場所がたくさんあります。
P1030113_convert_20131201140455
石廊崎まで移動して太平洋を眺めました。
右は駿河湾、左は相模灘。
遠くに伊豆七島の島影が見えています。
P1030116_convert_20131201140726
正面の平べったい島は新島です。

石廊崎をあとにし、西海岸へ向かいます。
アップダウンをこなして国道136と合流。
いよいよ平坦区間がほとんどない
西海岸の始まりです。

まずは悪名高きマーガレットライン。
登って降りて登って降りての繰り返しです。
妻良港を過ぎたあたりからハンガーノック
状態となりつらい登りとなりました。
波勝崎方面への分岐を過ぎて雲見温泉へ
ダウンヒルします。
P1030120_convert_20131201141501
雲見温泉から富士山が綺麗に見えています。

彫刻ラインに入ってもアップダウンが
続いていきます。
松崎町の市街地に入りコンビニで補給。
力が戻ってきました。
西伊豆町に入り、堂ヶ島を通過。
三四郎島のトンボロを見たかったのですが
今の季節はダメみたいなのでパス。

このあたりからはトンネルが連続します。
だらっとしたアップダウンも続きます。
宇久須港を過ぎてぐんぐん登ると恋人岬です。
P1030122_convert_20131201142745
ゴールドベル
鳴らした者は幸せになれるらしいです。
ほんまか?
メインステージのラブコールベルには
クリート靴では困難なのでパスしました。
まわりは当然カップルばかり。
我らはおっさんふたり。何かがおかしいです。

あとは土肥温泉までほぼ下るのみ。
先ほどの登りで両脚つりましたが
なんとかなりそうです。
今日はいつもにも増してダメダメくんです。
P1030124_convert_20131201144610
途中、夕日に染まる富士山を展望。
今にもつりそうな太ももを誤魔化し誤魔化し
土肥温泉に到着。
P1030127_convert_20131201144723
駿河湾に沈む夕陽を眺めます。

冷えた身体には温泉です。
自転車をクルマに撤収して共同浴場へ。
P1030129_convert_20131201145126
弁天の湯 500円 
P1030131_convert_20131201145317
締めは食事処さくらで夕食です。
P1030130_convert_20131201145406
お刺身定食

そんなわけで、よく遊んだ1日でした。



走行距離 144.77km
高度上昇 2742m

2013年11月17日 (日)

荒川起点まったりグルメ

今日は先週に続いてのかっきー氏と
山スキー仲間のお気楽さんを誘って
サイクリングです。

お気軽さんは2ヶ月前から通勤でロード
バイクに乗り始めたとのことなので
今日はまったりグルメ系で走ってみます。
P1030042_convert_20131117163119
朝の7時半に彩湖で二人と合流。
まずは荒川自転車道を北へ向かいます。
今朝は気温が低く富士山も見えます。
上江橋を渡って渋滞の川越市内を横断。
P1030043_convert_20131117163234
初雁橋から入間川自転車道に入ります。

西武文理大学を過ぎたあたりで自転車道を
離れ県道へ。
最初の目的地、日高市にあるサイボクハム
に9時過ぎに到着しました。
まだ時間も早く空いていて何よりです。
P1030045_convert_20131117163826
あらびきソーセージを食べるかっきー氏
P1030047_convert_20131117163930
ベーコン美味しい!
P1030050_convert_20131117164650
顔出しがあれば、とにかく記念撮影
P1030049_convert_20131117164803
気分は豚の世話係です。

サイボクハムで満足したあとは
越生にあるパン工房シロクマを目指します。
鶴ヶ島市、毛呂山町を走り抜けて越生町に
入ります。
P1030054_convert_20131117165512
八高線を渡ってすぐの県道30にを北に
向かうとすぐに越生の街です。
路地を少し走ってサイクリスト御用達の
パン工房シロクマに到着しました。
P1030056_convert_20131117165726
珍しくお客は我々だけです。
P1030055_convert_20131117165926
売切れが心配だったかっきーおすすめの
カレーパンをゲット。
シナモンロールも美味しかった。
そうこうしているうちに他の自転車乗りの
方々もどんどん到着してきました。

店が混んできたので我々は次の目的地の
パン屋を目指します。
そうですパン屋のはしごなのです。
県道30を少し走ってときがわ町へ入ります。
こちらは丘の上のパン工房ARAIと言うお店。
P1030060_convert_20131117170628
ひと目で何屋さんかわかります
この頃になると、すでに満腹状態です。
P1030058_convert_20131117170820
なので1個だけにしときました。
P1030059_convert_20131117170918
こちらもサイクリスト御用達。
休憩スペースも充実してます。
そうこうしているうちにこちらも自転車の
団体さんが到着。
我々はそそくさとお店をあとにしました。

締めはエノボクでジェラードってことで
荒川を目指して帰ります。
途中、プチ激坂に寄り道して吐きそうに
なりながらも快晴の楽しいサイクリングです。
荒川自転車道に入ってすぐに
エノボクこと榎本牧場に到着。
P1030062_convert_20131117171326
ジェラードを楽しむおっさん3名でした。
私はラムレーズンをカップでいただきました。
P1030064_convert_20131117171504
うしとぶた
P1030065_convert_20131117171559
ぶた
P1030069_convert_20131117171746
にゃんこ

榎本牧場で動物とふれあったあとは
荒川自転車道を秋ヶ瀬公園まで走って
ぐるめサイクリングは終了です。
今回も消費カロリー以上のカロリーを
摂取してしまいました。



走行距離 118.21km
上昇高度 419m

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー